縮毛矯正 髪質改善

ダメージがバラバラなハイダメージ毛に縮毛矯正を

こんにちは
本庄市のHairResort Arak
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

ダメージ毛で縮毛矯正
結構リスクが大きいですね

美容師さんのよっては
「縮毛矯正できないですよ」と
断られる事があると思います

でも綺麗にしたいんですよね

わかりますよ

今日はそんなハイダメージ毛に
縮毛矯正をかけるお話です

ハイダメージに縮毛矯正は危険なの?

まず縮毛矯正という施術は
ハイリスクのある施術です

理由は美容室の施術の中で
1位2位を争うレベルの
ダメージが大きい施術だからです

でも逆にそれ以上の得る物があります
リターンです

クセによってまとまらない髪が
縮毛矯正をすることで
綺麗なサラサラなまとまりのある髪になるんです

ハイダメージだとなんで危険なの?

さて先程書きましたが
縮毛矯正はダメージに関して
ハイリスクな施術です

そこで元々ハイダメージをしている
髪に縮毛矯正をあてるという事は
リスクがさらに高くなる事を意味するんです

さらにロングの髪になればなるほど
毛先のダメージは相当な物に
なるのでリスクが読めなくなります

つまり髪が縮毛矯正のダメージに
耐えられなくなり
ビビリ毛やゴワゴワになったりします
こうなってしまうと元に戻すのは不可能です

だから危険なんですね

それでも憧れるサラサラヘア

ただ危険はわかっていても
リターンである
綺麗なサラサラは憧れですよね

なんとかならないの?

と思ってしまいますよね

それを叶える為に
日々研究で
頑張っているタイシです

では施術を見て頂きます

今日のゲスト様

ダメージがバラバラな状態です
毛先はブリーチ歴あり(他店)
中間カラー歴あり(他店)

根元はノーマル毛でダメージないですが
軟毛で細毛です

そして触った感じが
アルカリに超弱そうな髪質ですね

さてどうしていきましょうかね
流石に毛先のブリーチ部分は危険なので
今回はカットします(全部は切りませんが)

クセは波状毛と1部に捻転毛です

下にいくにつれてクセは強くなり
ねじれのような捻転毛が増えてきます

では今日は軽く施術法を書いてみます

施術法

まずはカットです
毛先を10cmカットします
ブリーチ部分を全部切りたかったですが
長さも残したいという事で少しだけ残ります

前上がりの軽いローレイヤーで切って
そのまま縮毛矯正といきます

使う薬剤は酸性領域の薬です

アイロン処置後に髪質改善ヘアエステをして
最後に仕上がれば

出来上がりです

綺麗なサラサラと
自然な仕上がり感を作りました

癖もちゃんと伸びていますからね

この光が当たった時の
艶感が髪質改善の効果です

まとめ

ダメージがバラバラな髪の状態に
縮毛矯正をあてるのは
かなり難易度の高い施術です

毛先がハイダメージなどは
さらにリスクが上がるでしょう

でもリターンも大きいですよね

ダメージでのバサバサもなくなり
サラサラの綺麗な艶髪になりますので

ダメージで悩んでいる
縮毛矯正を断られてしまう
そんな方はぜひ
ご相談くださいね

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2021年 6月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

  • この記事を書いた人

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-縮毛矯正, 髪質改善

© 2021 HairResort Arak