カラー

ヘアカラーは頭皮に塗らない方がいい

こんにちは
本庄市のHairResort Arak/ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

こんな経験ありませんか?
白髪が目立ってきたからファッションカラーから
白髪染めにメニュー変更しましたら

「あっ冷たい!」頭皮にべったりとカラー剤を
塗布されていく状態

「あれ?前は頭皮にそんなにベッタリつけていたっけ?」
美容師さんは「白髪染めは頭皮からしっかり塗らないと
白髪が染まらないんですよ」と言われて

「そうなんだ。白髪染めは頭皮につけるんだ」
というような事がありませんか?

それちょっと頭皮にとって
危険な状態の始まりです

カラー剤による頭皮への負担

人間の肌は弱酸性の状態を維持することが
肌の健康を維持できる事になります

そしてカラー剤は強アルカリ性です
全く真逆な物を頭皮にべったりと塗布する事が
頭皮にどれだけ負担をかけていると思いますか?

最近ではカラー剤は低刺激などいい物も出てきていますが
体にいい物というのは1つもないです
アレルギー発症リスクを上げたり、刺激により頭皮を傷つけたり
トラブルが多いのが現状です

女性の薄毛の原因にも

ここ最近は女性への薄毛の対策が
若年化していると思いませんか?

ウィッグ(カツラ)などのCMや
育毛剤などは

40代くらいをターゲットにした物も
増えてきた感じがします

昔はカツラなんていったら
60代のおばあちゃんがイメージでしたけどね

確かに今の時代はストレス社会で
40代では出産後のホルモン変化や
子育てなどの環境の変化などもありますが

カラーのやりすぎも原因の1つだと思います
だってタイシが20代の頃はカラーブーム
カリスマ美容師ブーム真っ只中

ホワイトメッシュから始まり
派手なカラーや色が豊富なカラー剤が
次々に開発された時でもありました

縮毛矯正もこの頃ですね
この頃の薬剤はダメージとか考えてないです

あの当時は優しいカラーなんて売っていた
メーカーなんて皆無でしたからね


その世代の人が今度は白髪染めに移行して
「白髪が気になるから月1で白髪染め」

染め方も最初に書いた通り
頭皮にべったり塗りこみです

そして今でもアルカリ除去やPH調節など
頭皮の為の後処理をしてくれる美容師さんも
少ないのが現状です

そうなんです
カラー剤を頭皮にべったりつける事で
年齢と共に弱ってきた頭皮に負担をかけすぎて
結果薄毛なんて事も起きているんです

頭皮につけないでカラーするメリット

まずは頭皮への刺激が減る事で
頭皮への負担が減る事です

そして直接頭皮につけない事で
カラー剤の成分(ジアミンなど)が頭皮に
入り込む量が少なく済みアレルギー発症リスクが軽減されます

あとは頭皮にカラー剤がベッタリつかないので
頭皮自体が染まらなくなるので
頭皮の色が変な茶色や黒などに染まらなくなります

 


心配なのは
「それで本当に染まるの???」ですよね

染まりますよ
技術と処置方法で解決できます

今日のゲスト様

ビフォーからです

前回1か月前に白髪染めしてます
毛質は硬毛で多毛です
頭皮も健康状態ですが
すぐに沁みてしまうのが悩みです

こうみるとほとんど白髪ないように
みえるかもしれませんが

部分的には結構あります
前髪部分ともみあげ付近は多いですね

では
根本につけないで染めていきましょう

このように根本ギリギリまで
でもしっかりと薬剤を塗布していきます

白髪の目立つ所は念入りに薬剤塗布
さらにここの部分のカラーは
色素濃度を上げておきます

で放置する事20分(自然放置)
今回はリタッチ(根本だけ染める)だけです

シャンプー前に乳化作業(これかなり大事です)
シャンプー一回目は通常シャンプー
2回目はカラー定着の為にヘマチンシャンプー

炭酸泉で流した後に
後処置をしっかりとして
トリートメント仕上げ

乾かせばアフター

こんな感じですね

根本もちゃんと染まっております

前髪の白髪だって
ちゃんと根元から綺麗に染まってますよ

実はこれ塗り方も大事ですが
薬剤選定と後処置が大事なんですね
(ここはちょっと企業秘密)

まとめ

頭皮に負担をかけなければ
健康な髪が生えてきますし
若さも保てます

老化してからアンチエイジングではなく
老化させない対策を考えていきましょう

1つだけ注意として
この塗り方をすればアレルギーで悩みも
解決かもと思うかも知れませんが

アレルギーを発症している方には
対応できないです
例え頭皮に塗らなくても
アレルギーが出るからです

あくまでもアレルギー出てない方が
発症するリスクを下げれるという対策に
なります

もしアレルギー対策のカラーの場合には
ノンジアミンカラーなどの対策を
提案させて頂きますね

最後にカラートラブルは年々増加しております
薬剤の影響もありますが
対策がされていないのが原因の1つです

リスクを1つでも解決したい
なくしたいと思う方は
ぜひご相談くださいね

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2020年 9月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

 

  • この記事を書いた人
アバター

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-カラー

© 2020 arak-hair.com