縮毛矯正

ぺったんこにならない縮毛矯正で自然に

こんにちは
本庄市のHairResort Arak
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

縮毛矯正でよく聞くのが
癖を取るために縮毛矯正したら
ペッタンコなりました

縮毛矯正をかけると癖が伸びて
扱いやすくなるいい面もありますが
逆に不自然な形になってしますという
悩みですね

今日はそんなお話を

自然なストレートにするには?

自然さを残して
それでも綺麗に真っ直ぐに伸ばす
これってある意味テーマになってます

でも現実は難しいのです

癖を綺麗に伸ばすという事は
それだけしっかり縮毛矯正をあてる
逆に自然な丸みを残そうとすると
癖がちゃんと伸びない

そんな癖はちゃんと伸ばしたい
でも不自然にはしたくない
そんな難しい条件をクリアしないと
だからです

では自然な縮毛矯正をするには
どうすればいいのでしょうか?
2つの方法があると思います

1・カットとアイロン操作・薬剤選定で作り上げる
2・わざと癖を伸ばしすぎずにあえて癖を少し残す

1・カットとアイロン操作・薬剤選定で作り上げる

このやり方はタイシも未だに研究中です

髪型の形はカットで作られます
つまりカットがきちんとしてないと
どんなに綺麗に縮毛矯正をかけても
形が綺麗にならないです

アイロン操作も大事です
ただ伸ばすだけなら
不自然なまっすぐ縮毛矯正になります
丸みをなるべく作りながら伸ばすです

そして薬剤選定
薬が強すぎれば綺麗に癖が伸びても
結果不自然になりますし
弱ければ癖が伸びない
つまり選定は伸びに大きく
関わっているんですね

メリット・デメリット

メリットは仕上がりが綺麗で
自然な形になってくれるです

デメリットは技術が難しく
完璧に作るのが難しいですね

2・わざと癖を伸ばしすぎずにあえて癖を少し残す

このやり方は
ひと昔前によくやっていました

ナチュラルストレート
なんてよんでました

今でも使う事があります

癖をあえて伸ばしすぎないで
少しだけ残す方法です

これによって自然さを作っていきます

メリット・デメリット

メリットは作るのは意外と簡単で
時間も短縮される

デメリットは癖が伸びていない
所を作るので仕上がりの納得して
頂けない場合がある
癖の強い人には使えないです

今日のゲスト様

2か月ぶりですね
前回はカラーでした

縮毛矯正は7か月ぶりです

縛り癖も&通常の癖が
ミックスされている状態です

日本人に1番多い
波状毛ですね

ではいきます

今回は1のやり方
カットとアイロン操作・薬剤選定で作り上げる
でやっていきますね

アフター

綺麗に伸びましたよ

なるべく自然さを作っていき
まっすぐすぎないようにしてます

癖もちゃんと伸びていますね

まとめ

自然な形を維持しながら
縮毛矯正を作るのは
かなり難しい施術になります

でもそれを望んでいる方がいるなら
いつまでも日々追求して
さらにいい物を作り上げていきたいですね

自然な縮毛矯正で
綺麗な髪を手に入れてみませんか?

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2021年 7月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

 

  • この記事を書いた人

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-縮毛矯正

© 2021 HairResort Arak