縮毛矯正

ロングの縮毛矯正はアイロン操作でスクワット(爆)

こんにちは
本庄市のHairResort Arak
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

題名見て何?と思いましたか?

実は超ロング系の髪型の
縮毛矯正はアイロン操作が
とても大事なんだという事を
書いてみようと思います

自然な縮毛矯正の仕上がりはアイロンが大切

縮毛矯正はアイロンの当て方で
髪の伸び方に変わりが出るって
知っていますか?

根元のボリュームをつぶしたくない時は
根元を持ちあげるように
中間の部分は軽く半円を描くように
毛先は地面に向けて自然に落ちていくように

つまりアイロンをただあてるだけでは
真っ直ぐになるだけ

髪の落ちる位置
生える方向に合わせてや
根元をつぶさないようになどを考えると
アイロン操作はオーバーに
動かないとダメなんです

それがロングヘアになればなるほど
動きは大きくなります

動きの大きなアイロン操作

ではどういうことか
写真と共に説明します

まずは根本にアイロンをあてて
根元を起こします

上に向けてアイロンを持ちあげるように

髪の中間では半円を描くように
丸く丸くアイロンをあてて中腰に

毛先は自然に落ちるように
少し丸いを考えながら
アイロンで収めていきます

はい、体がスクワットしてますね爆

これを何百回もやるんですね汗

でも自然な縮毛矯正を作るには
こういうアイロン操作の積み重ねが大事なんです

今日のゲスト様

前回半年前にご来店頂きました

今日は毛先をそろえて
全体に縮毛矯正です

クセは強めの波状毛ですね

ではいきます

カット後に薬剤を塗布
酸性縮毛矯正です

アイロンがけをして
2液後に流して仕上げれば

綺麗なサラサラストレートになりました

この艶感がとても大事ですね

癖もきちんと伸びていますよ

ツヤツヤです

まとめ

縮毛矯正は薬剤選定と
アイロン操作で綺麗さが決まります

そして形の収まりなどは
カットで決まります

最後に1番大事な事を書きますね
髪に負担がかからないように
縮毛矯正をあてる積み重ねで
ロングの縮毛矯正は成立します

綺麗な髪を作っていきませんか?

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2021年 8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

  • この記事を書いた人

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-縮毛矯正

© 2021 HairResort Arak