業界の話

常識と非常識

タイシです
まずは今日のカワイイから

 

みなさんの中で常識と非常識ってありますよね

極端な話ですが買い物をしたらお金を払うは常識になっており
そのまま持ってきてしまうは非常識(というか犯罪ですね)

これはどうでしょう。
約束は守るのが常識で、守らないのは非常識
これは人によっては、守らなくっても非常識とはとかなりますかね

 

ではこれはどう思いますか?
髪を洗うシャンプーよりお皿を洗う洗剤の方が
洗浄成分の質がいいのが常識
反対になるのは非常識

 

たぶんビックリしたんではないでしょうか
でも業界では常識です

 

実は洗剤を作る会社はシャンプーや皿洗い洗剤や洗濯洗剤など
いろいろな物を受け持っているものです
シャンプーだけを作っている訳ではないんですよ
こういう会社に化粧品会社が委託してるんですね
(自社で作ってる会社もありますがね)

そういう会社や工場では上記のように
シャンプーより皿を洗う洗剤の方が洗浄成分の質を良くしないと
売れないというのは常識なんです

 

なんで?となりますよね
髪の毛よりお皿の方が優先順位が上なの??って

ここに業界の複雑な事情があるんです

ある製造会社にシャンプー製造の依頼をしたら
その会社の人はこう言いました
「そんなにいい洗浄成分の物をシャンプーに使っていいですか?」

会社の方はとてもビックリしたそうです

 

さぁどういう事なんでしょうかね?

これは次回に続きます
お楽しみに

 

  • この記事を書いた人
アバター

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-業界の話

Copyright© arak-hair.com , 2020 All Rights Reserved.