トリートメント 髪質改善

髪質改善トリートメントって、どんな事をしてるの?

こんにちは
本庄市のHairResort Arak
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

髪質改善トリートメント
今いろいろな事が書かれている
時代になってきました

そこで気になるのが
どんな事をしているの?
ではないでしょうかね

今日はそんなお話を

髪質改善トリートメントの失敗ってなんなの?

お客様
トリートメントなのに失敗?

そんな風に思った事ありませんか?

髪質改善トリートメントという言葉が
広がるようになって
まだ数年

ただ実際は名前だけ一人歩きをしていて
やっている施術は
お店によりバラバラと言うのが現実です

おおまかに分けますと
改善の為に縮毛矯正の延長をする施術と
トリートメントとしての効果を上げる施術の2つです

改善の為に縮毛矯正の延長をする施術

これはわかりやすく言うと
トリートメント成分に1部
還元剤(パーマ液など)を入れて
髪質事態を薬剤処置して変える方法です

目的はいろいろですが
ダメージによって広がってしまう
毛先をメインにまとまるように
施術をする場合がほとんどです

その場合に使う還元剤は
微量な為に薬剤を使ったと
認識されない程度で施術をします

でもこれを認識していない
美容師さんはかなりの濃度の
還元剤で施術をしてしまい

結果、縮毛矯正と変わらないとなってしまい
髪にかなりのダメージを与えてしまうように
なってしまいます

髪質改善と言うよりは
縮毛矯正をされてしまったと
なってしまう場合があるようです

さらにこれが失敗のリスク大です
やればやるほど効果出るというから
結果何回も縮毛矯正をしたみたいになり
気がついた時には手遅れとなります

トリートメントとしての効果を上げる施術

こっちは処置剤をうまく重ねていき
結果を出す施術になります

今の髪の状態を分析して
足りない物を補い
毛髪を強化したり
柔らかい質感にしたりして
結果を出していきます

こっちの施術では髪が大幅に傷んだと
いう失敗はないでしょうが
逆に結果が出にくいという失敗はあります

ただ塗るだけのトリートメントなら
誰でもできますし
サロントリートメントと変わらないなんて事も

意識しすぎて処理剤を足しすぎれば
今度は不自然な仕上がりになり
これも失敗というリスクが発生します

つまり髪質改善トリートメントは
きちんと施術内容を認識して
施術をしないと結果がでないという事なんです

今日のゲスト様

今日はトリートメントのみで
ご来店頂きました

縮毛矯正履歴あり
他は何もありません

ただ毛先のダメージは気になります

では施術ですね
軽く工程を

工程

施術前のシャンプー
念入りにやります
(髪の付着物を落とすため)

1度髪の状態を
アルカリにふりまして
高濃度タンパク質とケラチン
システイン酸などを入れていき
コーティングしていきます

蒸気で蒸していきながら
しっかりと浸透させます

その後
酸性トリートメントで整えて
ナノ化したCMCを足し
ヘマチン処置からのオイル処置

流した後に乾かして
アイロンの熱処置を少し入れて
仕上げです

綺麗になりましたよ

艶感とサラサラ感に
喜んで頂けました

柔らかい質感と
ツヤツヤな質感が
いいですよね

まとめ

髪質改善トリートメントは
扱う方法によって
綺麗を作り上げる意味では

技術者が普通のトリートメントと
考えるのは危険かも知れませんね

当店ではお客様の
髪質に合わせた施術法で
綺麗を作り上げていきますよ

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2021年 6月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

 

  • この記事を書いた人

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-トリートメント, 髪質改善

© 2021 HairResort Arak