つぶやき

マスクで肌荒れに注意

こんにちは
本庄市のHairResort Arak
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

コロナ新生活で増えてきた
マスク着用率と義務化

最近ではマスクの供給も
安定してきたようで
販売してるお店が増えてきましたね

でも今、問題になってきているのが
マスクによる肌荒れや
大人ニキビなどではないでしょうかね

マスクで肌トラブルに

1マスクの摩擦による肌トラブル

質の悪いマスクなどはよく見かけますが

このようにマスクのゴムの縫い目とか
硬い粘着系の物でつけてあったり

縫い目がザラザラしていたりすると
それが肌をキズつけて
大人ニキビになったりします

大人ニキビは刺激など摩擦によって
発症しますので注意です

マスクを使用する前に
手で触ってザラザラが酷いや
硬い部分が多い時には
他のマスクに変えましょう

マスクの中は雑菌だらけ

マスクをすると口から出る息で
マスク内は水蒸気で蒸れてきます

ただこれ雑菌の多い蒸れ状態

つまり
口腔内にいる雑菌などは吐きだし
蔓延させているので
菌には最高な状態なんです

普段何もなってない肌なら
雑菌によるトラブルも回避できますが
先程のように摩擦による

トラブルが出ている場合は
注意が必要です

こまめにマスクを外して
肌を休憩させたり

マスク内にガーゼなどを
挟んでいるなら
こまめに交換するなどして
清潔を保ちましょう

マスクトラブル解決は

1.コットンやガーゼを挟む

マスクと肌の間にコットンや
ガーゼを挟みましょう

肌に触れる物をなるべく
柔らかい素材
肌に負担をかけない素材に

そうする事で摩擦による
負担を減らす事ができます

こまめの交換によって
清潔も保てますね

2.洗顔も注意を

1日マスク生活をしていますと
肌は疲れ切っている状態です

洗顔などで清潔を保つのも大事ですが
洗う成分や洗い方には
注意をしましょう

洗浄力や浸透率の高い洗顔料などで
ガシガシ洗ってしまうと

肌を傷つけるだけでなく
負担も大きくなってしまいます

洗浄力はあっても
浸透しない洗顔料や

クレンジングなども
こするのではなく
なじませるなどでクレンジングして

肌への負担を減らし
でも清潔を意識した洗顔を
していきましょう

もちろん洗顔後に
保湿も忘れずに

まとめ

この夏はマスクをした生活をする
そんな夏になりそうですね

今からでも対策をして
1番は肌トラブルを起こさせない

でも起きてしまっても
諦めない

自家製マスクなどでは
特に清潔を意識して
この時期を乗り越えていきましょう

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2020年 12月
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

 

  • この記事を書いた人
アバター

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-つぶやき

© 2020 arak-hair.com