アラック

BLOG

2023/12/23 縮毛矯正

傷みやすい軟毛の髪に縮毛矯正

こんにちは
本庄市の美容室【HairResort Arak】
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

縮毛矯正で
たくさんのゲスト様に
喜んで頂いております

さて縮毛矯正は難しい施術ですが
さらに難易度が上がるのが
ハイダメージ毛や軟毛などで
クセの強い毛質です

今日はそんな髪に対して
どうするのがいいのか
そんなお話です

軟毛・ハイダメージ毛・クセの強い髪に施術するには

毛髪診断をして
ゲスト様の
髪がこういう状態だと

美容師さんは結構、あせります(汗)

・軟毛 細毛
・ハイダメージ毛
・クセが強い
・猫っ毛

こういう髪の状態は
髪を変化させる施術をする前に
ダメージでどうにもならなくなる
そんな可能性が大だからです

薬剤をどう選定するのか?

軟毛で細毛という時点で
薬剤に対して抵抗力がない
ダメージしやすい髪となります

ではでは弱い薬でいこう
となりますが
ここでもう一つ問題が

それがクセが強いという事です

つまり髪がダメージしやすいから
薬自体は弱めたい
でもクセは強いから
強めの薬剤ではないとクセが伸びない

これが非常に難しい選定になります

クセがちゃんと伸びるギリギリの薬剤の強さで
でもダメージでどうにもならない(失敗)は困るので
薬剤のレベルをトラブル出ない
レベルまで弱める必要もある

そうどっちも失敗できない
という選択肢をしていく事になるんですね

質感や仕上がりをキレイにするための髪質改善トリートメント

仕上がりをキレイにしてくれる
髪質改善トリートメント

ただこれが
いいから仕上がりがいいではなく
このトリートメントはあくまでも補助

やはり大事なのは
薬剤選定とアイロン操作ですね

では施術例を

ビフォー

前回半年前に縮毛矯正で
4か月前にカラーをしました

髪質は最初にも書きましたが
軟毛でダメージ毛

そして

クセは
かなり強めのクセです

では

アフター

こんな感じで仕上がりましたよ

そして肝心のクセは?

ちゃんと伸びておりますよ

縮毛矯正はクセを伸ばす事よりダメージを考える事が難しい

普通にクセを伸ばすなら
極端に難しいものではないですが

髪質がダメージしやすいとか
ハイダメージ毛とかになると
難易度は一気に上がります

そこで薬剤選定が
カギを握るんですね

いかにダメージを考えて
最小限のダメージで
最大限の結果を出せるように
していくのが今後も課題ですね

まとめ

いかがでしたか?
縮毛矯正でダメージ悩む
すぐにハイダメージになる

それってもしかしたら
必要以上にダメージする施術で
そうなっているかもしれませんよ

まずはダメージをどうするのか
から変えていきましょう

きっと今より
ダメージ少なくて
施術できるものですよ

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2024年 3月
25
26
27
28
29
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

関連記事

読者登録

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取る事ができます。


 

アーカイブ

きらめくツヤ髪を髪をキレイに導くプライベートサロン

CONTACT

お電話のご予約
  • 0495-22-6467
  • 平日 AM9:00~PM7:00
    土日祝 AM9:00~PM6:00
フォームからのご予約
2024年 3月
25
26
27
28
29
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

定休日

土曜日

日曜日

〒367-0026
埼玉県本庄市朝日町2-6-11

Coppyright©︎Arak All Rights Reserved

© 2024 本庄市の隠れ家美容室ヘアリゾートアラック