アラック

BLOG

2022/7/31 縮毛矯正

クセ毛の違いで縮毛矯正のかけ方は違うの?

こんにちは
本庄市の美容室【HairResort Arak】
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

縮毛矯正をかけたけど
すぐにクセが戻ってしまった
かかったけど不自然なくらい
かかりすぎてしまった

それはもしかしたら
縮毛矯正をかける段階で
クセによる対処ができていなかった
場合もあるかもしれません

今日は縮毛矯正のかけ方って
クセによって違いはあるのか
そんなお話をしてみようと思います

クセの種類によって縮毛矯正による違いがでるのか?

まずは基本的な事を書きますが
どんなクセであれ
縮毛矯正の基本的な方法は変わりません

クセの強さや髪の状態に合わせて
薬剤の強さなどを選定して
ストレートアイロンを使って
まっすぐにする工程は一緒です

でもクセの種類によって
上手く伸びなかったり
ムラが出たりする事もあるのが事実です

ではなんでクセの違いで
そういうトラブルが出るのでしょうか?

縮毛矯正の上手な美容師さんは
そのあたりのトラブルを
理解した上で施術をしていますので
トラブルが出にくいのだと思います

では
クセの違い(2種類)での
トラブルなどを書いて
みようと思います

日本人に1番多い波状毛の縮毛矯正

日本人に1番多いと言われている波状毛です

左右に波を打つみたいにクセが出ます
この左右に波の打ち方でクセの強さが
決まってきます

強い人ほど左右に揺れやすく
弱い人は少しだけ左右に揺れる程度です

縮毛矯正の施術もクセの強さに関係なく
1番施術がやりやすいクセだと思います

ただクセが弱い人
ダメージを受けやすい髪質ほど
真っすぐにもなりやすいので
不自然な真っすぐになったり
などのトラブルも出やすいです

逆にクセの強い人や
髪質はしっかりしている人は
キッチリと薬剤を効かさないと
クセが伸びないというトラブルもでます

1番施術のしやすいクセではありますが
クセの強さや髪の質感の違いなど
多様性が多いので

真っすぐになりやすいや
意外とクセが伸びづらいなど
技術者を悩ましてしまう1面も
多々あるのが特徴ですね

やりやすいと思って施術すると
「あれ??」なんて落とし穴も・・

タイシも経験ありますね(笑)

捻じれなどのクセがある捻転毛に縮毛矯正をかける

クセの中でも強いクセが出やすい
捻転毛というクセです

髪の毛が捻じれていたり
らせん状のクセになったり
している物になります

髪質は柔らかめや
ぼわっとした脆い髪質が多く
ダメージしやすい髪になります

特に縮毛矯正をかけるにあたって
難しい部類に入るクセ毛になりますが
何が難しいかと言いますと

まずは薬剤をキレイに均等に
塗るのが難しい髪です

捻じれている状態ですので
捻じれている内側に薬剤が付かなくて
薬剤が浸透しないなどの
塗りムラというトラブルが起きやすいです

さらに髪質がダメージしやすいので
少しでも強めの薬を使ってしまうと
ダメージによってジリジリしてしまったり
切れ毛などの原因になってしまうなどもあります

アイロン操作も難しい

捻じれを取るためのアイロン操作が
必要になってきます

場合によってはブラシなどと
併用してアイロンを当てたり
してねじれを伸ばしながら
アイロンをあてていきます

しかも捻じれを取るために
髪を引っ張りたいですが
髪質が脆いので極度に引っ張ると
切れやすくもなってしまいます

こういうバネを
あまり引っ張らないで
真っすぐにしてねと考えれば
いかに難しい物か
想像して頂けるかなと思います(^^

やはり多いトラブルは
痛みやすい髪質だから
優しい薬でやりましょうとなって
実際あまり伸びませんでしたや

伸びたんだけど
切れ毛や毛先バサバサすぎなどの
トラブルが多いですかね

後は塗りムラによる
1部のクセ伸びていないとか
数日でクセが出てきてしまったなどの
トラブルも多いと思います

その他のクセはどんなのが?

連珠毛(れんじゅもう)というクセです

傷んでいないのに
触った感触がゴワゴワしていて
柔らかい髪や固い髪がミックスされていたり
数珠のようにボコボコしている物もあります

切れやすく
縮毛矯正の施術でも
難易度の高いレベルの髪質です

写真のように
普通は波状毛などと混ざって
生えている事が多く
連珠毛だけでという状態というのは
少ないですね

連珠毛を縮毛矯正

こんにちは 本庄市のHairResort Arak/ヘアーリゾートアラックの オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です 連珠毛ってなに? 今日は癖の種類の1つ 連珠毛について書いてみます くせ毛の種類 ...

続きを見る

縮毛(しゅくもう)

クセの中では1番難しいクセですね
今まで上げたクセがミックスされている
状態の髪で

クセの強さはマックスなのに
髪の脆さは最弱です

つまり薬は強めで攻めすぎれば
切れ毛やビビり毛になってしまうけど
弱い薬だと全然変化しません

塗りムラも注意が必要なのに
塗布時間を短くしないと
ダメージ差が出てしまう

縮毛矯正の中では
相当の技術力を必要とするレベルの物です

強い縮毛を縮毛矯正

こんにちは 本庄市のHairResort Arak ヘアーリゾートアラックの オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です 癖で悩む人は 多いと言われています 癖にもいろいろな種類がありまして 波状毛・捻転 ...

続きを見る

まとめ

クセの種類のよる
縮毛矯正の違いを書いてみました

もちろんこれらを
きちんと把握していても
完璧を作るのは難しく
縮毛矯正を上手にこなす美容師さんは
日々精進しているんですよ

タイシもたくさんのクセで
悩む方を笑顔に変えれるように
日々頑張っていきたいと思います

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2022年 11月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

 

関連記事

読者登録

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取る事ができます。


 

アーカイブ

きらめくツヤ髪を髪をキレイに導くプライベートサロン

CONTACT

お電話のご予約
  • 0495-22-6467
  • 平日 AM9:00~PM7:00
    土日祝 AM9:00~PM6:00
フォームからのご予約
2022年 11月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

定休日

土曜日

日曜日

〒367-0026
埼玉県本庄市朝日町2-6-11

Coppyright©︎Arak All Rights Reserved

© 2022 本庄市の隠れ家美容室ヘアリゾートアラック