縮毛矯正

強い縮毛を縮毛矯正

こんにちは
本庄市のHairResort Arak
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

癖で悩む人は
多いと言われています

癖にもいろいろな種類がありまして
波状毛・捻転毛・連珠毛・縮毛

その中でも
最後の縮毛は
難しい部類に入る髪質です

今日はそんな縮毛を縮毛矯正していきます

クセ毛の種類で縮毛矯正の難易度が変わる

縮毛矯正という施術が
世の出回るようになって
気が付けば20年以上
経っております

今や縮毛矯正と言う言葉を
知らない人は少ないかも
知れませんね

昔はとにかく真っ直ぐにする
これをメインで縮毛矯正というのは
アイロンでストレートにしていました

それがダメージを考えられるようになり
薬剤を調節したり
アイロンの温度を変えたり
いろいろな方法ができて
今でも縮毛矯正は進化してます

ただ今でも縮毛と言われる
髪質は難易度が高く
苦戦をしてしまうのが本音です

縮毛ってどんな髪?

黒人さん(差別語?)の地毛
あの髪が縮毛と言われています

硬くてゴワゴワのイメージが
あるかもしれませんが

実際は柔らかく
細くてダメージしやすい
繊細な髪なんです

癖は強いのに
ダメージに弱い
だから強い薬でストレートに伸ばす
と簡単にはいかないんですね

アラックでの縮毛の髪質の対応方法

縮毛矯正は基本は薬剤を強くするか
アイロン熱を上げて勝負するかの
2択になります

ただ他にも方法はあります

薬剤をそれなりに弱くして
アイロンの熱を上げなくても
結果を出す方法があるんです

それは髪に含まれる水分量を
コントロールして
アイロンの熱で髪に含まれる水が
水から蒸気に変化する力を使って
癖を伸ばしていく方法です

これは簡単に書きましたが
なかなか難しい施術で

水分量が多いと火傷をしたり
髪が変に傷んだりしますし
水分量が少ないと
癖が伸びないという欠点があり

なかなか簡単に実現できないのも
本音かもしれませんね

さてそろそろ施術例にいきましょう

今日のゲスト様

ブログがきっかけで
もう長年ご来店頂いております

今日もしっかりと
縮毛矯正をかけていきます

強い縮毛ですが
髪質は弱く細いです
ちょっと強い薬だと
すぐに切れてしまいますね

では
先程説明したとおり
水の力を使ってかけますよ

アフター

いかがでしょうかね
伸びましたよ

出来るだけ自然さを残しながら
でもしっかりと伸ばしました

癖はちゃんと伸びています

まとめ

強い癖の縮毛矯正は
美容師のとっては難しい物です

でも逆に綺麗に作る事が出来れば
お客様の笑顔が
また輝く瞬間であります

この笑顔を為に
日々頑張っていきたい
そう思っております

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2021年 4月
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

 

  • この記事を書いた人
アバター

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-縮毛矯正

© 2021 HairResort Arak