カット

もうさすがに切ろうよ

こんにちは
本庄市のHairResort Arak
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

女の子のお子さんを
お持ちのお母さんで
お子さんが髪を切りたがらない
で困っているとかありませんか?

今日はそんなお話です

切りたくない理由は何なのか?

お子さんに
髪を切って欲しいと思って
「髪切ろうか?」と
言っても

お子さんからは
「イヤだ切りたくない」

こういわれてしまって
困ってますという話は
たまに聞きます

これは男の子女の子関係なく
よくある話みたいですね

そんな時は切りたくない理由を
聞いてみましょう
そして理由によっては
解決できる場合もありますよ

思い通りの形にしてもらえない

これは意外に多いパターンです

本人は切りたいと思っているんですが
いざカットに来ると
親の要望で短くや男の子なんかでは
刈り上げでいいからさっぱりしちゃって

こんな感じで本人の希望は無視で
親の都合で切ってしまっている場合です

しかもこの場合のトラブルで多いのが
過去に親に「じゃ短くしないから」と言われて
実際切りに来るとバッサリ短く

本人は騙されたと思い
もう2度と切らないとなっています

解決策は本人の希望に添えてあげる
カットに誘う時に
写真やイメージを伝えて
魅力を持たせるです

それができるようになったら
少しづつ親の要望を入れて
いってあげましょう

カットが恐怖の対象でしかない

幼少期に大泣きして拒否して
いるのに強引にカット

それ以来トラウマになっている
パターンです

美容室や理容室
その物が恐怖の対象でしかないです

医者を怖がるのと同じです

このパターンは精神面が大きいですので
簡単には解決できないです

タイムマシーンがあれば
あの頃に戻ってやり直せますが
そんなわけにもいきませんね

解決策は
美容室に協力を頂いて
徐々に慣らしていくしかないです

スマホなどのアニメを見せたり
ゲームで遊ばせたり
美容室は楽しい所だよと
根気よく教えていくしかないです

お子さんの成長と共に
そうした事はなくなるでしょうが
早めに対処してあげないと
ヘアスタイルに興味を持たなくなり
将来大きくなった時
「どんな髪型にすればいいのかわからない?」

となってしまいます

早めに対処してあげてください

アニメキャラなどの憧れの髪型にしたい

これは女の子に多いパターンです

アニメに出てくる何々みたいにしたい
そして今のアニメキャラの髪は
超ロングです

こういう髪型憧れのある
場合は本人は伸ばすのが必死です

現実的に生活にも支障が出てくる
長さでもあるかも知れませんね

解決策は本人に長い髪型
イコール維持が大変な物と
理解させるといいかも知れません

あとはお姫様に憧れてますので
お姫様にしてあげるのも1つの手です

髪を切ったら結んであげると可愛いよ
とか手間でも学校に行く前に
髪型をお姫様にしてあげたりすれば
意外と納得してくれますよ

今日のゲスト様

長いだけではなく
絡まってしまって
本人どうにもならなくなったみたいです

先程の3番の憧れがあるみたいで
ずっと切りませんでしたが
本人が「どうにもなんない」

ちょっと大変だったみたいです
(お母さんが1番大変だったみたいです)

今回は絡む所を一気に切って
しまう事になりました
なるべく長さを残して

あと本人の希望で
「全部同じ長さがいい」

との事で
毛先をバラバラにしないで
いきます

アフター

綺麗になりましたよ

バラバラにはしてませんが
スキ鋏は入れています

軽さも触ってみると
わかりますよね

本人
「また伸ばしていける」

タイシとお母さんは
「え!!」

 

またの
ご来店をお待ちしてますね(笑)

まとめ

お子さんがカットしたくない
そんな時には
必ず理由があります

その理由をキチンと聞いてあげて
解決に導いて上げてください

こんな例もありましたよ
ハサミで切る時に
髪が引っ張られて痛いからイヤ

これ切れない鋏が原因です

セルフカットなどで
工作鋏などで切ってませんか?

それもカットが嫌になる
原因の1つでもありますよ

カットは楽しい物
気持ちのいい物と
お子さんが思えるのが
1番の魅力ですね

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2020年 12月
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

 

  • この記事を書いた人
アバター

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-カット

© 2020 arak-hair.com