カラー デジタルパーマ

カラーとデジタルパーマの同時施術はできますか?

こんにちは
本庄市のHairResort Arak
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

徐々にではありますが
12月に入りまして
すでに年末に向けた
予約が増えてまいりました

年内の施術をご希望の方は
ぜひ早めにご連絡を
くださいね

今日の施術は
デジタルパーマとカラーの
同時施術です

パーマとカラーの同時施術はしていいの?

基本的には同時施術はOKです

今では美容師法でも
使う薬剤は限定されますが
同時施術は1部OKになりました

ただダメージという事に
なりますと
やはり同時施術よりは
別にした方がいいのも事実です

そこまで大幅ダメージではないですが
ダメージしやすい髪の方だと
差は感じやすくなると思います

あとブリーチや縮毛矯正などを
している場合は
髪の状態にもよりますが

ダメージリスクが
大きいので止めておきましょう

タイシも状況によっては
同時施術を
お断りをさせて頂きます

同時施術のメリット・デメリット

デジタルパーマとカラーを
同時に施術する事は
メリットもありデメリットもあります

メリット

  • 1日で施術が終わる(これが1番)
  • イメージチェンジを一気にできる

つまり同時施術のメリットは
1回の来店で済ませられる
という事ですね

忙しい方には嬉しいメリットでは
ないでしょうかね

ではデメリットです

必要なモノ

  • 髪のダメージが大きくなる
  • 来店は1回で済むが施術時間は長い
  • パーマが緩む可能性あり

やはりどうしても
ダメージの面ではデメリットが
出てしまいます

今では薬剤もかなり髪に負担が
少ない薬剤も出ておりますが
やはり1日に2回も化学反応
させるという意味では
髪への負担は大きくなります

できれば同時施術ではなく
日にちをズラした方が
いいと思います

どっちを先にやるのがいいの?

同時施術の場合は
やはりパーマが先になります

理由はカラーが先だと
色落ちのリスクが高いからです

もちろんパーマが落ちないのか
というと落ちるリスクもありますが

パーマの場合は落ちるリスクを
考慮に入れてウェーブ加減を調整できますが
カラーの場合の色落ちは
加減が難しいので

パーマが先になります

あと日にちを分けて行う場合は
タイシはどちらが先でも
いいと思っております

開ける間隔は
1週間が目安です

今日のゲスト様

前回から半年ぶりの
ご来店です

今日は軽くカットして
デジタルパーマをあてて
その後にカラーをしていきます

カットのベースはレイヤーメイン
デジタルパーマは
緩めのウェーブスタイルで

カラーは

ブルーバイオレットの12LVで
全体を染めていきます

ではアフターですよ

最初の黄色味が出ていたから
パサつきを感じる髪質が
ブルーが入った事で
明るくしているのに
落ち着いた感じが出ました

まとめ

同時施術いかがでしたでしょうか?

やはりダメージの心配はつきますが
1日で済ませられるのは
忙しい方には魅力ですよね

そんな方の為に同時施術はできます

ただデメリットがあるという事を
書いてお伝えしたかったです

時間に余裕がある場合は
日時を別にして
施術した方がいいと思いますよ

あとは自身の
ライフスタイルと合わせて
選んでいければいいと思いますよ

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2021年 4月
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

  • この記事を書いた人
アバター

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-カラー, デジタルパーマ

© 2021 HairResort Arak