健康とダイエット

低脂肪、ノンオイルの落とし穴

こんにちは
本庄市のHairResort Arak
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

今の世はオンラインで物事をやる事が
増えてきていますね

子供の塾などもオンラインが普通に
やってない所も
今は早急に用意してるみたいです

そのうち
仕事はオンラインメインで
携帯1人1個ではなく

PC1人1個とか
普通になり(今もそうなってますかね)

出来るだけできる事は
家でやると言うのが
当たり前になるかも知れないですね

では本題に行きます

低脂肪やノンオイルは意外に落とし穴

ではいきなりですが
問題です

この2つのドレッシング

どっちがダイエット向きでしょうか?

答えはどちらも一緒です

ぱっと見ですと
数字なんか比較できないくらい
差がありますので

数字の少ない方を選んでしまい
ダイエットにいいかもと
思ってしまいそうですが

注目はグラムあたりです

 

比較する総量が7倍も違うんです
だから比較する数字に
違いが出るのは当然ですよね

さて
ここまでは例題

では低脂肪やノンオイルなどは
どうなのでしょうか?

我が家ではそういう物を
買ってないので
写真がないですが

総カロリー数やエネルギー数
脂質などが低い数字

脂質に関しては0・2とか
もう数字だけ見ると
「おおお、ダイエット向き」となりますね

ただこれは落とし穴があります

実はそっちに目が行ってしまうから
他の物が気にならないです

例えば炭水化物
低脂肪の物より2~3g多いとか
先程のように
総量を減らしていかにも
少なく見せている場合もあります

ノンオイルもです
油が使ってないと売ってますので
脂質は0(ゼロ)です

ただこれだとうまみがないです
ではどうするか
塩分を増やしています

極度にイヤイメージな物を減らす事で
ウリにしている分
他の物で埋め合わせているんです

だから意外とダイエット向きじゃ
なかったり
健康に良くないという場合もあります

低脂肪ダイエットはリバンドがデカイ

さてこのように
食べ物で気を付けるという
ダイエット法で注目をされた

低脂肪系・ノンオイル系ですが

タイシから思えば
これは逆効果だと思います

体の脂肪を燃やすには
筋肉が不可欠です

そして筋肉を合成したり
育てるのに必要なのは
タンパク質です

その筋肉を
動きやすくして
熱を帯びやすくするのに必要なのが

脂質や油です

つまり
ノンオイルや低脂肪を続けると
燃えなくなってくる

結果、冷え性を促進
体が冷たくなりやすくなる

そして体温がないと
人間は生きていけません

守るために脂肪がさらにつく
だから痩せないんです

これらを抜く事で
1時的には痩せれるかも知れません

でもリバンドが早いんです
理由はさっき書いた
冷えから体を守るためです

まとめ

低や0やノンという文字に惑わされて
いませんか?

これらの商品で
おいしいと感じられるなら

それは逆に言えば
別の物が多く入っていて
結果バランスがいいとはいえないですよ

もう一度
よく見直してみてくださいね

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2020年 6月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

 

  • この記事を書いた人
アバター

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-健康とダイエット

Copyright© arak-hair.com , 2020 All Rights Reserved.