縮毛矯正

髪質改善ってなんですか?

こんにちは
本庄市のHairResort Arak
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

美容室のホームページなどの
広告でよく目にする
髪質改善の文字

あれってなんだろう?と
思いますよね

名前からして
物凄い結果が出そうですね

縮毛矯正と髪質改善が同じになってきてる

タイシはキチンと講習を
受けた事がないですので
これが髪質改善ですという
ノウハウがないです

ただ初期の頃から髪質改善を
やっている美容師さんに
聞いていました

髪質改善は元々は
髪の状態に合わせて
タンパク質やコラーゲンなどの
成分を髪に補っていき
髪の状態を整える物です

このノウハウを縮毛矯正や
カラーやパーマにあてていき
結果を大幅に変えるのが
髪質改善です(仲間美容師曰く)

わかりやすく言ってしまえば
髪のダメージによって
失われてしまった物を

足していき
髪を綺麗にしていくのが
髪質改善ですね

最近では縮毛矯正と混同されている?

髪質改善が縮毛矯正の延長や
技術の1つと思われている
場合が増えているそうです

なので必要以上に
還元剤などを使われて
思っている以上にダメージした

頼んでいないのに
縮毛矯正されていたみたいで
髪がペッタンコになった

こんなトラブルが増えてきて
いるようです

これでは先程のダメージで
失われた物を足しているんではなく
さらに減らしてしまっている
と同じになってしまいます

酸熱トリートメントもミックスされている

最近耳にするようになりました
酸熱トリートメント

使い方をきちんとしていれば
綺麗な結果がでる
酸熱トリートメント

でも使い方間違えば
さらなるダメージも
引き起こしてしまいます

美容室によっては
酸熱トリートメントを
髪質改善と謳い始めた所もあるそうです

タイシは用途に合わせて
酸熱トリートメントは使っております

最近は出番が減りましたが(^-^;

タイシは基本減点法

さていろいろ書いてきましたが
タイシの髪に対応する考えは

減点法という物です

髪質改善のように足していく
という事をしていかないで

元々ある髪の状態を
ダメージ最低限で結果を出す
と言うのがメインです

もちろんハイダメージの対応の
場合にはいろいろ足すこともします
でも基本は減点法

要はダメージをなるべく出さないように
綺麗を作っていくという考えです

今日の縮毛矯正

ビフォーからですね

髪質は硬いしっかりした
髪質です

カラー履歴もあります

クセは捻転毛がメインです
かなり強い癖ですね
触った感じがゴワゴワします

でもこれはダメージというより
髪質の問題です

ではいつも通り
酸性縮毛矯正で

綺麗に伸ばしましたよ

元々髪質がダメージしづらいと
いう事もありますが

最小限のダメージで
仕上げております

まとめ

どんな施術でも素晴らしい技術で
結果が出れば素敵な事だと思います

ただ名前だけ先行しすぎて
髪質改善イコールいい物と
感じてしまうのは危険です

きちんと内容を理解した美容師さんが
状態などに合わせて
処方してくれれば髪質改善は
すごい結果がでます

タイシはそこまでのノウハウが
ないので髪質改善はやってません

まだまだ補う程度の
レベルの技術です

もっと勉強して
自分の納得のいく事が出来れば
足していく技術も
大題的に発表したいと思います

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2020年 9月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

  • この記事を書いた人
アバター

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-縮毛矯正

© 2020 arak-hair.com