アラック

BLOG

2023/5/12 縮毛矯正

優しい薬剤が髪に優しいのか?

こんにちは
本庄市の美容室【HairResort Arak】
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

薬剤の強い縮毛矯正は髪が傷む
だから弱い薬を使いましょう

最近ではダメージレスをウリに
しているお店が多いので
弱い薬だからダメージ少なく
縮毛矯正を当てれますよ

弱い薬だから
自然な形で作れますよ

こういう認識が増えているようですね

では弱い薬は本当にいいのでしょうか?
今日はそんなお話を

ダメージに優しい薬イコールいい薬ではない?

薬剤の強い弱いは
一般の意識では
濃度が濃いやダメージが大きい
なんかで認識されていますね

はい確かにあってます

薬剤の濃度が濃くて
化学反応が強い薬は
髪にダメージが大きくて
髪を傷める薬剤になりますね

ただ強い薬が悪い物かというと
必ずしもそうではないです

髪にダメージがほとんどない状態なら
やはり強い薬を使う必要がありますし

極端な話
化学反応が髪にしっかり作用して
短時間で出来るなら強い薬の方が
意外と髪が大きく傷まなかった
なんて事もあります

優しいからと言って髪にいいわけではない

では逆に優しい(弱い薬)薬の場合は
髪を傷める事がないのか?

これも間違いです

化学作用がゆっくりで
大きな変化を一気にしないなら
確かに髪にはダメージ少ないと思います

でもそれでパーマがかからなかったり
縮毛矯正のクセが伸びなかったりしているなら
ただ傷んだだけで終わってしまいます

つまり適材適所で
その状態に合わせた薬剤選定が
とても大事になるんですよ

薬剤の種類によって作用も違う

さて先ほどは
薬剤の濃度での違いを書きましたが

他にもこんなこともあります

髪の内部に反応する薬
髪の外側に反応する薬
アルカリの時に反応する薬
酸性の時に反応する薬
髪の内部の大きな所にだけ反応する薬
髪の内部の小さい所に反応する薬
熱に反応する薬
などなど

実は薬の種類によっても
違いが出たりもするので
濃度イコール強いとも言えないんです

これらを総合して
使っていく事にダメージを最小限に抑えて
でも反応をしっかりさせて
施術をする事も大事になってきますよ

今日のゲスト様

初めてご来店を
して頂きました

最近はブログやインスタを
見ましたという
理由での
ご来店も増えてきまして
嬉しい限りです

クセは強めの波状毛で
根元から膨らんでしまうような
状態になっております

ダメージはほぼノーダメージ
毛先に縮毛矯正履歴はありますね
カラーはやってませんね

ではカットをしまして
縮毛矯正で
強めと言われている薬で
しっかりと伸ばしていきますよ

アフターです

髪質改善トリートメントの
効果もあってサラサラです

クセもしっかりと
伸ばしております

まとめ

優しい薬がいいではなく
髪の状態に適正な薬剤が
使えるのかが大事ですね

あと薬剤ばかりに目が
いってしまうと
肝心のデザインが見えなくなったりします

優しい薬、弱い薬が
髪に優しい、ダメージ少ない
と考えてしまうのは
危険かもしれませんね

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2024年 7月
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

関連記事

読者登録

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取る事ができます。


 

アーカイブ

きらめくツヤ髪を髪をキレイに導くプライベートサロン

CONTACT

お電話のご予約
  • 0495-22-6467
  • 平日 AM9:00~PM7:00
    土日祝 AM9:00~PM6:00
フォームからのご予約
2024年 7月
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3

定休日

土曜日

日曜日

〒367-0026
埼玉県本庄市朝日町2-6-11

Coppyright©︎Arak All Rights Reserved

© 2024 本庄市の隠れ家美容室ヘアリゾートアラック