縮毛矯正

自然な縮毛矯正を作る為の3つ要素

こんにちは
本庄市のHairResort Arak
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

縮毛矯正のお客様が増える
時期になってきました

綺麗に伸ばすのも大事だけど
伸ばしすぎてピンピンになるのも
もちろんイヤですよね

今日はそんな話を

自然な縮毛矯正ってどうなの?

クセのない髪のイメージって
サラサラなストレートって感じますよね

でもすべての人間でクセがない人はいないです
サラサラのストレートの人も
わからない程度の緩いカーブを描いている程度
髪にクセがあるんです

でも縮毛矯正で伸ばしすぎると
その緩いカーブするなくなるので
ストンというピンピン縮毛矯正に
なってしまうんですね

縮毛矯正を自然に仕上げるには

薬剤選定アイロン操作
そしてカットが重要です

もうこのブログでは
しつこいくらい書いていますが
とても大事な要素です

この3つの要素が
自然な縮毛矯正を
作り上げるんです

薬剤選定

強すぎればピンピンに伸びますし
弱いと癖自体が伸びません
キッチリと髪の状態を見極めて
選定する事が大事です

アイロン操作

自然な縮毛矯正を作るには
薬剤が強すぎてはダメです

薬剤を弱めている分
アイロン操作がキモになります

カット

どんなに薬剤選定がきちんとできて
アイロン操作もちゃんとできても
カットがバラバラすぎると
まとまりが出ません

形を作る土台はカットという事です

今日のゲスト様

梅雨の時期に入りまして
まとまらなくなってしまってます

ショートでハネル状態ですので
どのように扱えばいいのか
わからなくなってしまいますよね

では短くカットして
縮毛矯正をかけましょう

癖も強いので
しっかりと伸ばしていきますよ

ではアフター

いかがでしょうか
自然な丸みを残して
癖を伸ばしましたよ

外にハネル状態は
なくなりました

あの強い癖もちゃんと
伸びています

まとめ

ちゃんと伸ばすのが1番大事ですが
やはり自然さも残したいですよね

そんな縮毛矯正は
技術によってのみ生み出されます

癖も気になるけど
不自然な縮毛矯正はイヤで
悩んでいませんか?

アラックでは
自然な縮毛矯正を作れますので
ぜひ1度ご相談ください

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2021年 10月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

  • この記事を書いた人

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-縮毛矯正

© 2021 HairResort Arak