アラック

BLOG

2021/5/13 縮毛矯正 カラー

縮毛矯正とカラーは同時にできないの?

こんにちは
本庄市のHairResort Arak
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

2つの施術を同時にやりたい
お客様から結構頂く
質問の1つです

ではぶっちゃけやっていいの?
いけないの?という
お話です

縮毛矯正とカラーは同時にできるの?

縮毛矯正とカラーを同時に行って
1日で終わりにしたい
その気持ちはよくわかります

出来る出来ないの答えを書きますと
できますとなります

ただ理想は縮毛矯正をした後に
1~2週間おいてから
カラーが理想です

あとどっちが先がいいのとか
ありますが
タイシ的には状態による所が大きい
と感じております

ここに注意

一応書きますが
縮毛矯正またはパーマとカラー(アルカリカラー)
を同時に施術する事は薬事法的にダメです

ただほとんどの美容室で施術をしております
ある意味グレーな部分が多く
曖昧になっております

タイシ的に同時施術をNGにしてる縮毛矯正とカラーの組み合わせ

1・縮毛矯正とハイカラーの組み合わせ

この組み合わせは
髪の負担が大きいです

又はカラーが抜けやすいという
デメリットもありますので
できれば別の日に行いましょう

2・縮毛矯正と黒髪戻しした髪をカラー

これはハイカラーの髪より
ダメージリスクが高いです

それ以上に色が抜けない
明るくならない可能性が高いです

縮毛矯正後3か月以上経過してから
カラーをする事になると思います

3・縮毛矯正とブリーチ

1番やってはいけない組み合わせです

タイシは基本
ブリーチ毛への縮毛矯正は
お断りさせて頂きます

結論は同日に同時施術は
できれば避けるべきです

今日のゲスト様

さて同時施術は避けるべき
と書いておきながら
施術をしていきます笑

前回1年前にご来店頂きました

今日はできればカットしないで
縮毛矯正してカラーをしていきます

根元は癖もそうですが
リタッチのカラー部分も
結構伸びていますね

メモ

毛先から根元までダメージは3段階
根元10cmはノーダメージ
中間10cmがローダメージ
毛先がハイダメージの状態です

では施術スタートです

こういうダメージがバラバラすぎる時は
1度ダメージの均一化は図ります

根元の部分を1度リタッチカラーをして
それから縮毛矯正

そして縮毛矯正後に
もう一度ダメージの少ない
塩基性カラーで色味を入れていきます

ではアフター

はい綺麗に入りましたよ

毛先はトーンダウン
色はグレージュの10LV

明るすぎのハイトーンではないので
縮毛矯正との同時施術が
可能ですね

もちろん癖だって
ちゃんと伸びていますからね

まとめ

出来れば同日に同時施術は
避けられれば避けるべきです

でも時間の関係で
どうしてもという場合も
あると思います

そんな時は状態によりますが
施術できますので
1度ご相談くださいね

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2022年 10月
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

関連記事

読者登録

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取る事ができます。


 

アーカイブ

きらめくツヤ髪を髪をキレイに導くプライベートサロン

CONTACT

お電話のご予約
  • 0495-22-6467
  • 平日 AM9:00~PM7:00
    土日祝 AM9:00~PM6:00
フォームからのご予約
2022年 10月
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

定休日

土曜日

日曜日

〒367-0026
埼玉県本庄市朝日町2-6-11

Coppyright©︎Arak All Rights Reserved

© 2022 本庄市の隠れ家美容室ヘアリゾートアラック