カラー 縮毛矯正

縮毛矯正とカラーは同時にできないの?

こんにちは
本庄市のHairResort Arak
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

美容業界では縮毛矯正とカラーを
同じ日に行う事は
ダメージの深刻さが原因で避けると言われています

過去に美容師さんに
「止めた方がいい、できないです」
と断られた経験のある方もいると思います

タイシも基本的には避けるべきと思います

でも根本が気になる
どうしてもカラーをしたい
そんな方も多いのが本音です

なので例外もあっていいかな
とも思いますので

この例外を書いてみようと思います

タイシが考える縮毛矯正とカラー同時施術

1・リタッチカラーと縮毛矯正の同時施術

本当は避けるべきかなと思いますが
やはり根元に白き憎いヤツ(白髪)
などがあれば

1日でも早く染めたいと
思いますよね

そんな時はリタッチだけで
施術をする事をオススメします

やはり全体でのカラーは
ダメージの深刻さは大きいです

出来るだけ避けるのであれば
根本だけのダメージで
全体のハイダメージを避けるのが
1つの方法だと思います

2・1~2LV以内のトーンダウンと縮毛矯正の同時施術

同じカラーでも
1~2トーンダウン
又は同じレベルのカラーの場合

色を入れるだけの施術として
ミネラルカラー(ノーダメージ)

という選択肢が出てきます

これならば同時施術でも
カラーでのダメージはありませんので
可能だと思います

3・ダメージをあきらめる

これは究極です

美容師としていってはいけませんが
同時施術はダメージが
必ずと言っていい程でます

でもどうしても染めたい
なんとかしたい

こんな場合は
最後の手段です

通常のダメージをあきらめる
という選択肢です

もちろんハイダメージにならない
為の方法は取りますが

完全な方法はないのが
現状です

1つだけお断りをダメージする髪イコール綺麗じゃないという事ではないです

まとめ

何回も書いちゃいますが
カラーと縮毛矯正の同時施術は
リスクも高いという事です

でもどうしても今日やりたい
時間が今回しかないの
そんな方にはきちんと対応させて頂きます

なので
先程書いたような事を
推奨したり説明したりもします

この梅雨時期に多いメニューですが
この施術の時間を取るのが大変と

いうのはよくわかりますが
出来るだけ同時施術は
避けれるようにして頂けたらと思います

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2020年 11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

  • この記事を書いた人
アバター

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-カラー, 縮毛矯正

© 2020 arak-hair.com