カラー トリートメント

カラーエステトリートメントで艶髪に

こんにちは
本庄市のHairResort Arak
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

髪のダメージで髪がまとまらない
ゴワゴワで広がる
こういうのって悩みの1つですよね

もしこのダメージが治ったと思えるように
綺麗になるとしたらどうですか?

もう夢のような事ですよね

今日はそんな事を書いてみます

綺麗なカラーで艶髪にしたい

ハイダメージしてしまっている
髪にカラーをするというのは
とても難しい事です

それが綺麗に仕上げていきたいと
なれば難易度はさらにあがります

でもカウンセリングを通して
施術をする前に必要な処置をして
髪の土台を整える事からスタートすれば

結果はこのようにでます
(見た感じ長さを切ったように感じそうですが
全く鋏を入れていないじょうたいです)

ではどのような工程で
作っているのか
軽く書いていきますね

どうやって作ってるの?

カウンセリング

ここが1番大切な所です

今の髪の状態を把握
カラーやパーマなどの履歴確認
何色にしていきたいかなど
事細かにカウンセリングしていきます

ポイント

カウンセリングの時は
なるべく正確の情報をお願いします

カラーカウンセリング

希望の色を決めていきます
当店ではIPADを使って

コンピューターによるカラー提案なども
やっております

今日のお色は
オリーブの12LVですね

前処置(土台作り)

これは髪の状態に合わせて
必要な物を足したりしていきます

この時点で
タンパク質を入れたり
油分を足したりしていきます

カラーリング

通常に染めていきます
特別に難しい事はしません

中間処置

シャンプー台で
乳化をしながら
ヘマチンとタンパク質を
揉み込んでいきます

そうする事によって
カラーの均等化と
アルカリの中和をはかります

シャンプーをしまして

後処理

ダメージの事を考えると
1番大事かもしれません

髪や頭皮に残った
残留アルカリや過酸化水素など
害が出てしまう物質を
除去・抹消します

トリートメント処置

ここで酸熱トリートメントの
処置を施して
仕上げていきます

では

今日のゲスト様

毛先はボロボロの状態です

今回はカラーをしながら
トリートメントを入れていき
髪質改善です

さてカラーをしながら
どこまで綺麗になっていくんでしょうかね

ちなみに
希望の色はマット系の
オリーブ12LVですね

アフター

いかがでしょうかね
光の加減で
緑が強調されてますね

あのボロボロだった髪が
ピカピカの
美しさに

大変喜んで頂きました

まとめ

綺麗な写真やビフォーアフターで
施術の内容を伝えるのは
簡単ですが

どのように作っているのか?
このあたりを伝えたいと思い
今回の記事は書きました

ただいつも書いている
事ですが
今回の施術でも髪の傷みが
治っているのでないです

でも治る治らないは関係なく
綺麗にしたいという想いは
一緒ですよね

髪のダメージに悩んでいる
ぜひ1度ご相談くださいね

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2020年 9月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

 

  • この記事を書いた人
アバター

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-カラー, トリートメント

© 2020 arak-hair.com