カラー

塩基性カラーでダメージ対策

こんにちは
本庄市のHairResort Arak/ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

まずは今日のカワイイから

このブログでも書いてますが
通常のアルカリカラーでは
カブレの原因になるジアミンで
染めれないから

塩基性カラー(当店ではミネラルカラーと呼んでます)
を使って染める事をする人が多いですが

別にカブレない人でも
メリットがあるんですよ

カラーダメージが嫌

こんな方にも向いております

白髪が気になるけど
染めて傷んだりさせたくない

でも白髪が気になる

地毛の黒でいいから
白髪だけをなんとかしたい

頭皮も髪もダメージさせたくない
地毛以上に明るくしたくない

白髪だけなんとかならないの

少量の気になる白髪ならノーダメージで

地毛が黒で白髪が多くはないけど
気になるレベルである

「これって白髪染めした方がいいの?」
「でも痛むんでしょう?」
こういう悩みを持ってませんか?

もし仮に白髪だけを染めて
地毛は変色したりしないとしたら
どうですか??

ちょっとやってみたいかも
とおもいませんか?

 

意外にも白髪は気になるんだけど
染めたりしてダメージさせたくない
と言う方は結構多いです

今日のゲスト様

もう長年当店をご利用頂いております
髪の状態は

ほぼノーダメージで細毛軟毛
もともとダメージしやすいので
出来るだけダメージさせたくない

一部ダメージによる退色で
若干髪が赤味がかってますね

写真では全然見えないでしょうが
白髪が所々にあって
気になってしまうそうです

今回はカットしまして
塩基性カラー(ミネラルカラー)で
黒に染めていきます

アフター

はい染まりました
地毛の色とほぼほぼ一緒です

白髪も綺麗に染まり
見えなくなりました

ここでのポイントは
ノーダメージという事です

塩基性カラーはカブレ対策だけでなく
ダメージに対応できるカラー剤に
なっていますね

今日のメニュー

カット4500(税別)
カラー6000(税別)
極上艶髪トリートメント3000(税別)

合計¥13500(税別)

まとめ

塩基性カラーはヘアマニュキアや
カラートリートメントに似てる部分が
ありますが

マニュキアやトリートメントは
髪の表面だけが染まるので
色落ちが激しく、すぐに元に戻ってしまいます

でも塩基カラーなら
髪の内部まできちんと染まりますので
すぐに色が落ちるや染まりが悪いという事が
少ないです

しかもジアミンなどを使ってませんので
アレルギー対策にもなりますし
少ないアルカリで染めるので

ダメージもない
又はほぼノーダメージでできます
(施術内容によって使う薬剤が変わりますので
ダメージしますがローダメージです)

髪の状態・頭皮の状態
いろいろな状況の合わせて使用するには
ピッタリなカラーではないかと思います

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2020年 11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

  • この記事を書いた人
アバター

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-カラー

© 2020 arak-hair.com