カラー ハナヘナ

傷みやすい髪質にはハナヘナで補強も

タイシです
最近は朝早く起きて娘たちを連れて
ジョギングをしております

もうすぐ半月になりますね
最初は朝起きれなかった子でしたが
最近は頑張って起きれるようになってきました

お姉ちゃんと一緒に
走る事によって体力もついてきましたね

目標は年内に
2キロの距離を
走りきるのが目標です

さてでは
久々に施術例といきましょうかね

まず最初に
カラーとかで染まりやすい
ダメージしやすいと言われたことありますか?

これって髪質がアルカリに
弱いのが原因の1つです

カラー剤はアルカリ剤でできていますが
このアルカリ濃度は簡単に調節できないんです

理由は
アルカリ濃度を薄めるという事は
色が薄まるっていく事につながります

つまりダメージを考えて
アルカリ濃度を下げれば色が染まらない
でも染まりを考えすぎると
すぐにダメージしてしまう

こういう髪質の方は
普通の方と同じカラー剤を使っていては
結果髪がボロボロになってしまうんですね

なのでその場合は
ダメージを考えた施術をしていきましょう

例えば全体染めした時は
次の施術は毛先のダメージを考えて
ノンダメージカラーのミネラルカラーを使ったり

又は毛先のダメージを補強させていく意味で
毛先にはハナヘナを塗布して
毛髪強化を図るなどを考えましょう

通常カラーでも
色味を落とさないで
でもアルカリ濃度を下げる対策なども必要です

 

ではビフォーから

前回カラーでご来店くださった
アイルちゃんです
↓前回の施術はこちら

[kanren postid="3293"]

彼女は物凄いがつくくらい
アルカリに弱い毛質でダメージしやすいのが
特徴の難しい毛質です

たぶん普通のカラーのみで施術してますと
3回目くらいからまとまらなくなり
ヘタするとビビり毛になっちゃうような感じです

この場合普通のカラーでも
かなり調節が必要で安易に施術をすると
痛い目にあいます

 

では今回はダメージを考えて
根本は通常カラーで毛先はハナヘナをします

アフター

まだ毛先のダメージ部分が気になる所ですが
これからこういう対策をしていく事で
綺麗を作れていきますからね(^^♪

 


早速コメントを頂けました

アイルちゃん
また遊びに来てくださいね


もっともっと綺麗に髪に仕上げていき
驚くような髪にしていきましょうね

 

今日はここまで

[btn class="rich_yellow"]ご予約やお問合せはこちらから[/btn]

  • この記事を書いた人
アバター

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-カラー, ハナヘナ

© 2020 arak-hair.com