アラック

BLOG

2021/12/8 カラー

ワインレッドのインナーカラー

こんにちは
本庄市の美容室【HairResort Arak】
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

インナーカラーで原色に
近い色を入れる時は
ブリーチが必須です

今日はそんな
お話を

ビビットな色をいれるにはブリーチが必要

カラーで真っ赤にしたい
シルバーにしたい
こんな事を言われる事もありますが

こういう派手な色にするには
ブリーチが絶対条件になります

なんでブリーチが必要なの?

理由は簡単です
日本人の髪の色が黒だからです

黒い髪にビビットと言われる原色を
のせても色は目立たないのです

白い紙にインクを塗るのと
黒い紙にインクを塗るの

どっちが色を認識しやすいかは
すぐにわかりますよね

そう白い紙です

これと一緒で
黒髪には色は認識されづらい
問題があるんです

だからブリーチで
明るくするために
髪の黒を抜く必要があるんです

ビビットカラーのデメリット

・髪のダメージが大きい
・料金がかかってしまう
・色持ちは意外と悪い

髪のダメージが大きい

これはある意味しかたがないです
ダメージを抑えるブリーチなども
出ていますが

やはり髪の内部の色素を破壊するのが
目的ですので
ダメージは大きくなります

料金がかかってしまう

カラー代金に別途料金が
かかってしまいます

ブリーチの工程に
さらにもう1度カラーをオンするので
作業工程が増えてしまいますので
その分の料金が加算されます

さらに髪質によって
ブリーチ回数が増えると
さらに金額は増えていきます

これは料金の差はあると思いますが
どこの美容室も同じだと思います

色持ちが悪い

最後の色持ちの悪さです

ビビットの色は濃く色を入れますが
それでも1週間で色は
かなり薄くなってしまいます

下地のブリーチした
金髪が出てくると
ブルーをいれたのに
緑になってしまうなどもあります

どうしても色持ちが
悪いという感じになってしまいます

でもビビットカラーには魅力が

でも鮮やかな色が入りますので
目立って綺麗ですよ

ダメージを気にするからこそ
部分的に入れる
インナーカラーなんかが
流行っているんでしょうね

今日のゲスト様

では
早速アフターを見て
頂きましょう

はい綺麗な
ワインレッドです

しっかりと色が
入っておりますよ

ブリーチは2回やりました
その上にカラーオン

この通り
鮮やかな色が入りましたよ

まとめ

ビビット系のインナーカラーは
オシャレ度を上げる
施術です

しかしデメリットもあるのも事実

でもそのデメリットを
上回る魅力もありますね

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2022年 9月
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

関連記事

読者登録

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取る事ができます。


 

アーカイブ

きらめくツヤ髪を髪をキレイに導くプライベートサロン

CONTACT

お電話のご予約
  • 0495-22-6467
  • 平日 AM9:00~PM7:00
    土日祝 AM9:00~PM6:00
フォームからのご予約
2022年 9月
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1

定休日

土曜日

日曜日

〒367-0026
埼玉県本庄市朝日町2-6-11

Coppyright©︎Arak All Rights Reserved

© 2022 本庄市の隠れ家美容室ヘアリゾートアラック