カット カラー

カラーをした後に髪から薬剤の匂いがしないのは?

こんにちは
本庄市のHairResort Arak
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

パーマやカラーをした後に
髪に変な匂いが

それってもしかしたら
髪に化学物質が残ったまま
かも知れません

それらの物質が残ったままだと
せっかく綺麗な髪質改善トリートメントしても
髪や頭皮をダメージさせてしまいます

髪に残っている物質って?
今日はそんなお話です

ダメージの原因となる薬剤とは?

髪がダメージするパサつく
カラーやパーマのモチが悪い

これらは髪に残留する
化学物質の蓄積が原因です

どのような化学物質があるのか?

カラーやパーマなどで使われる
・アルカリ剤(アンモニアやアルギニン)
・過酸化水素
・ジアミン
・還元剤
・臭素酸ナトリウム
・活性酸素
・その他

これらが髪に残っている状態が
髪へのダメージ影響を大きく作用します

薬剤は薬剤を使って除去・抹消

ではこれらの化学物質を
どう処置すればいいのでしょうか?

よくカラー後にしっかりシャンプー
水洗しておくみたいな
感じで言う方もいますが

実は化学物質は流すだけや
洗うだけでは効果が薄いです

化学物質には化学物質で対抗です
でないと効果がでないですね

アラックではパーマやカラー後の
残留物質を残さないように
きちんと処置をしてから終わりに
させて頂きます

髪に栄養補給

ダメージの原因になる物質を
処置出来たら
次は栄養成分を入れ込みます

パーマやカラーなどの施術で
ダメージを抑えたり
原因物質の処置だけでは
限界があります

そこで髪の状態に合わせて
今の髪に必要な成分を
入れこんでいきます

では今日の
施術を見て頂きましょう

今日のゲスト様

前回4か月前に
ご来店頂きました

今日は少しカットして
カラーをしていきます

前回のデジタルパーマが
残っていますので
今日はそのパーマを活かして
カットしていきます

ではカットをして
カラーをしていきます

カラー後の残留物質の
処置を施して

毛先にはヘアエステで
髪に弾力を
パーマを蘇らせます

ではアフター

緩い感じのパーマに
出来上がりました

しっかりとカラーも入れて
綺麗に染め上げましたよ

ストレートではないので
艶感やサラサラ感は
伝わりにくいですが
触って頂くと違いを実感頂けますね

まとめ

パーマやカラーをするには
どうしても化学物質が必要なので
ダメージは出てしまいます

でもその施術後に
使用した薬剤を髪や頭皮に残したままだと
さらにダメージを加速させてしまい

結果として頭皮までダメージしてしまい
健康な髪が生えてこなかったり
老化を早めてしまったり
そんな事もあり得るのです

綺麗な髪は日頃のケアだけでなく
こういう施術後の処置をきちんとして
いる事で維持もできるんです

髪を大切にしたい貴女に
ぜひ

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2021年 9月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

  • この記事を書いた人

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-カット, カラー

© 2021 HairResort Arak