カラー

矯正毛をローダメージで明るくカラーする

こんにちは
本庄市のHairResort Arak/ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

縮毛矯正しているけど
カラーはして大丈夫?

ダメージが心配だけど
やはり明るすぎはやめた方がいいの?

縮毛矯正をかけている人の
悩みに1つではないでしょうかね

縮毛矯正とカラーは同時にできる?

まず結論から書きますとできます

ただダメージを考えると避けるべきです
もう一つが時間で
最近では縮毛矯正の時間は短縮されて
きてますが

やはり時間がかかるもの
この時間にさらにカラーまで
入りますので長時間になってしまいます

理想は1週間後です

明るいカラーもできるの?

これに関しては問題ありません

でもブリーチなどを使用する
明るさのカラーの場合は
オススメしません

というかやめて頂いております
当店では基本は
縮毛矯正とブリーチの併用は
やめさせて頂いております

理由は
その後に矯正なりカラーなりが
できなくなるからです

どうしてもという場合はやりますが
ダメージ保障できません

今日のゲスト様

3週間前に縮毛矯正をさせて
頂きました

今回は襟足部分だけ
もう少しカットしてカラーを
していきます

今日のカラーは

ゴールドの12LVです
かなり明るめですね

ではアフター

 

明るくなりまして
襟足もスッキリさせて
頂きました

もちろん乾かしただけの
スタイリングです
(矯正してますからね)

今日のメニュー

カット¥4500(税別)
カラー¥6000(税別)
極上艶髪トリートメント¥3000(税別)

合計¥13500(税別)

まとめ

どんな施術でもそうですが
美容師さんがダメージを管理してくれる
状態でないと綺麗な状態はつくれないです

特に縮毛矯正やブリーチ系カラーなどは
施術の中でもダメージが
1~2位のダメージになります

傷んだから
トリートメントしておこうなどと
安易に考えていると

綺麗どころか
さらにひどい状態になってきます

綺麗を維持するには
美容師さんのダメージ管理が
大切という事ですね

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2020年 6月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

  • この記事を書いた人
アバター

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-カラー

Copyright© arak-hair.com , 2020 All Rights Reserved.