グレー系カラーが出づらいのは?

タイシです
前回グレー系カラーの事を書きましたが
今回はグレー系カラーが出にくい事を書きます

 

まず初めに
髪の事を書いていきますね

髪の毛(日本人のほとんど)は黒髪です


この黒髪ですが実は黒に見えますが
実際は赤と黄色と青の3色が混ざって黒に見えるんです

で良くカラーをするというと色を抜くといいますが
カラー剤に含まれるアルカリ剤と過酸化水素が化学反応を起こして
髪のメラニン色素を脱色します

この脱色の事を色を抜くといいます

そして先ほどの3色が混ざって黒に見えると言いますが
脱色をすると最初に青が抜けていきます
なので髪が明るくなると黒から青が抜けた色
オレンジっぽい茶色になるんですね

この明るくなった茶色にカラーの染料が発色して
色が入るんです

でグレーが出にくいと言いましたが
実はグレーは青系の色なんですが
始めに脱色で青が抜かれていき
髪には赤と黄色が残り茶色になります

ここに青系のグレーが発色しても
残った赤や黄色に打ち消されて
発色されづらいからグレー系は色が出にくいんです
(まぁ他にもカラー剤は青が作れないなどの原因もありますが)

ではどうすればいいのか?
方法は2つです

1つは髪に残った赤や黄色をさらに脱色して
青系の発色が打ち消されないようにするです
(ただこの場合ブリーチなどの処置が必要な場合があります)

2つ目は髪に残った赤や黄色に打ち消されないくらい
濃い青系の色を発色させるかです
(この場合は髪の明るさが暗くなる欠点があります)

 

そうなんです
グレー系(青系など)を綺麗に発色されるには
髪に残った赤や黄色を抜きまくって明るくするか
入れる色を濃く発色させるかしかないんです

だからグレー系やアッシュ系のカラーは
色が出づらいんですね

でタイシがやってる髪は
ブリーチで明るくして赤を抜いた色、金髪です
要は黄色が残った髪です

これにグレーを入れると
青がしっかり発色するからグレーになるんですね

日本人の髪は赤が残りやすいんで
どうしてもこのグレー系を暗めの作るのが難しい
のですね

では次回は
さらに色をうまく作りにはどうしていけばいいのか
自分にあった色とはなどを書いてみます

今日はここまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です