アラック

BLOG

2019/12/11 縮毛矯正

アラックの縮毛矯正は内巻きな仕上がり

こんにちは
本庄市のHairResort Arak/ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

縮毛矯正かける時に

ゲスト様
真っ直ぐすぎるのは嫌なんです

わかりやすく言うと
シャッキーンという音が聞こえてきて
しまいそうな真っ直ぐ感

針金のような真っ直ぐな髪になる
縮毛矯正

でもこれって
縮毛矯正あてるから
仕方ないと思ってませんか?

真っ直ぐすぎになるのは

縮毛矯正をするとクセは綺麗になるんだけど
変に真っ直ぐすぎて不自然

縮毛矯正をかけている人は
こんな経験がたくさんあると思います

これの原因は
縮毛矯正の1剤の作用による

髪の軟化のさせすぎが原因です

この軟化が、さらに行き過ぎると
過膨潤(かぼうじゅん)という状態になり
ビビリ毛やハイダメージ毛をつくる原因になります

新規を呼び込む謳い文句に気を付けて

縮毛矯正で新規を呼び込むというと

・傷まない縮毛矯正
・アイロンを使わないからダメージ少ない
・やればやる程に綺麗になる

縮毛矯正の技術で傷まないという事はないです
だからこの謳い文句に騙されてしまうと

先程書いたような
1剤の過膨潤を起こしやすくなってしまって
結果ハイダメージやビビリ毛などを作ってしまいます

丸みを作る縮毛矯正をするには

先程の説明とは逆の工程をするんです

1剤による髪の軟化をなるべくさせない
という事をするんです

ただ問題も出てきます

髪の軟化をさせないでいくと
今度はクセが綺麗に伸びないという
困った事が起きてくるんです

だからクセが綺麗に伸びる
ギリギリの所を見極めて髪の軟化をして
アイロン操作できちんと作る事が

縮毛矯正を丸く
自然に仕上げる事ができる技術が
出来るんです

では施術を見ていきましょう

今日のゲスト様

まずはビフォーから

硬毛の多毛ですね
かなり強い捻転毛
はい、ねじれが多い髪質です

この髪質の影響で
広がるだけでなく
ハネたりするのがお悩みです

ではバッサリ切りまして
ボブ系の丸いスタイルの
縮毛矯正を作っていきますよ

アフター

縮毛矯正ではなかなか再現が難しいと
言われている丸みと自然さを
出しております

もちろん乾かしただけの状態です

注意ポイント

最初に書いたように他店さんなどで
真っ直ぐすぎる縮毛矯正などをやっている場合は
綺麗な丸みは作れない場合があります

出来るだけダメージが少ない状態が
結果が出やすいです

理由は髪の軟化をされている状態だと
丸まらないからです

今日のメニュー

酸性縮毛矯正¥18000(税別)
カット・水分補給トリートメント込

まとめ

縮毛矯正の丸みは
適性の薬剤選定と技術で作ります

アイロンワークで綺麗に作るのが
とても大事な事です

そしてそれ以上に大事なのが
カットですね

カットがバラバラすぎると
まとまる物もまとまりませんので

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました

お問合せ

定休日カレンダーになります

2023年 2月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
1
2
3
4

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

関連記事

読者登録

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取る事ができます。


 

アーカイブ

きらめくツヤ髪を髪をキレイに導くプライベートサロン

CONTACT

お電話のご予約
  • 0495-22-6467
  • 平日 AM9:00~PM7:00
    土日祝 AM9:00~PM6:00
フォームからのご予約
2023年 2月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
1
2
3
4

定休日

土曜日

日曜日

〒367-0026
埼玉県本庄市朝日町2-6-11

Coppyright©︎Arak All Rights Reserved

© 2023 本庄市の隠れ家美容室ヘアリゾートアラック