つぶやき

花粉症で肌荒れするの? カラーはできるでしょうか?

こんにちは
本庄市のHairResort Arak
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

春になってきて
暖かくなり
花などが綺麗に見れる季節に
なってきましたね

ただこの季節で困る事も
あるのではないでしょうか?

それは花粉症

鼻水や目の痒みに悩まされますかね

人によっては
肌荒れなんかもあるのではないでしょうか?

今日はそんなお話を

花粉症で肌荒れ?

花粉症の症状と一緒に
この時期になると
肌荒れを引き起こす

それはもしかしたら
花粉症皮膚炎かもしれません

花粉によって粘膜系に影響を
及ぼす事が普通ですが

実は肌にも影響を与える
例があるんです

顔の目の周りや口まわり
頭皮にまで赤くなってカサついたり
痒みが出たりします

特に肌が弱い方や
今はマスク荒れなどもありますので
余計に誘発しやすくなっているようです

ここに注意

ちなみにマスクによる肌荒れは
刺激性接触性皮膚炎と言って
花粉症皮膚炎とは違います

ただ他の皮膚炎を誘発しやすくなります

春先とか
いつもこの季節に
みたいな感じなら花粉症皮膚炎を疑いましょう

なんで皮膚まで荒れるの?

理由はアレルギーですが
もう一つは肌のバリア機能の低下です

もともと肌が弱い方は
特にバリア機能が脆弱ですので
注意が必要です

外部からの刺激を受けやすく
肌の中の水分も逃しやすいです

解決策として
保湿を心がけましょう
また刺激になる洗顔なども避けるべきです

洗顔料などは刺激に少ない物を使い
ゴシゴシ洗わない
お湯でしっかりと洗い流しましょう

マスクにも気を使って

今はコロナ影響で
マスクが絶対の毎日でしょうが

マスクも肌への刺激が強くて
肌トラブルの元になります
出来るだけ刺激の少ない
マスクを選ぶといいと思います

ヘアカラーはできないの?

頭皮にまで肌トラブルが出ている時は
オススメできません

もともとカラーカブレやトラブルを
していた方は絶対にカラーはできませんが
普段は平気という方も止めておきましょう

肌バリアが低下している時に
カラーリングなどをすると
カラーカブレを誘発しかねません

カラーカブレは1度でも
発症してしまうと
もう2度とアルカリカラーが
できなくなってしまいます

なので頭皮に異常がある時は
絶対にカラーリングは避けましょう

最後に肌荒れが酷い時は

花粉症皮膚炎を治すには

1番はお医者さんに
診て頂きましょう

受診する所は
皮膚科になりますね

花粉症にしても
花粉症皮膚炎でも
病気です

軽いからいいやではなく
早めに診てもらう事で
症状が軽く済む場合もありますので

お医者さんに
処方箋などを出して頂き
しっかり治していきましょう

カラーなどは
その後からでやるべきですよ

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2021年 8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

 

  • この記事を書いた人

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-つぶやき

© 2021 HairResort Arak