カラー

レッドパープル系のカラーで黄色味を消すには

こんにちは
本庄市のHairResort Arak
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

髪を染めていると
髪質によって
赤味が出やすい人
黄色味が出やすい人

こんな感じで偏った
色が出やすい髪質の人がいます

日本人のほとんどが出やすい黄色味や赤味

髪質は太いや細い
硬いや柔らかいがあるように

出やすい色素という物もあります

よく欧米風カラーとか言って
アッシュ系の色を好む人が
多いですが

残念ながら黒髪がほとんどの
日本人の場合はアッシュ系の色が
出やすいという事は皆無です

ほとんどが赤系か黄色系がでます

なんで赤と黄色なの?

日本人の元々の人種は
黄色人種と蒙古人種の2種です

黄色人種(おうしょくじんしゅ)

黄色人種(モンゴロイド)は
直毛で体毛が少なく
黄色い皮膚が特徴です

蒙古人種(もうこじんしゅ)

黒い髪で少し癖のある波状毛
アメリカのインディアンなども
含まれます

2つ人種の特徴から

この2つの人種がメインの
日本人は黄色味や赤味の色素を
多く含んだ人種なんです

なのでカラーなどで
ブリーチ(脱色)されると
元々の多い色素が残りますので

髪が赤っぽくなる人
黄色っぽくなる人が
でてくるんですね

参考

ちなみに白人さんは
赤味が少なく青味が多いので
髪を染めると金髪になっちゃうか
くすんだ色が残りやすいです

色を活かす場合はありがたい

赤味や黄色味が出やすい方の
メリットは

自分の持っている色と
同系色で染めていけば
色持ちもよく綺麗に
発色するというメリットがあります

赤味が出やすい人は

レッド系やピンク系
ブラウン系なんかは
とても相性がよく綺麗に発色します

逆にマッド系やライム系
などの色は色持ちも悪く
明るく発色させるのは至難の業です

黄色味が出やすい人は

オレンジ系やイエロー系
ベージュ系は
凄く綺麗に色が入ります

ただアッシュ系、クール系は
色落ちも早く
すぐに元の黄色になっちゃいます

問題は出る色が嫌いな場合

さて先程は
自分の持つ色を活かした場合の
メリットを書きましたが

問題なのは
自分の色が嫌いな場合です

これは多くの人が悩みであります

では嫌いな色はやりたくない
だから他の色にしようとなっても
問題があるんです

それは元々持っている色に打ち勝てる
だけの色味で色を入れないと
元々持ってる色が消えないという事です

わかりやすく言えば
黄色が強い人にレッド系の
カラーをしても
仕上がりはレッドと黄味が混ざった
オレンジ系になってしまうという事です

ではどうすればいいのでしょうかね?

黄色を打ち消せる色を入れて
黄色を出さないようにするんです

それが今日の施術ですね

今日のゲスト様

はいすぐにわかりますよね
黄色味が出ております

ゲスト様も黄色味をなんとかしたい

目指す色はこちら

レッドバイオレット系のグレープという色
10LVを目指します

さてここで単純にこの色を
入れてもいいんですが

やはりモチを良くしたい
黄色は絶対に消したい

こういう時は補色としてブルーを
入れていきます
俗に言われるアッシュを入れるんです

つまり仕上げる色はレッドバイオレットですが
実際使う色は
レッドブルーバイオレット(なんじゃそりゃ)

では説明長くなったので
アフターですね

いかがですかね
綺麗なグレープになりましたよ

青を入れたので
本来であればアッシュ系の
バイオレットになるんですが

青は少なめなので
黄色味が打ち消され
本来の色が綺麗に発色です

まとめ

さてここまで書いておいて
何ですが

色の事をお客様が覚える必要は
ないですからね

私は黄色味出やすいから
染める時は青を混ぜてもらう
ようにしようとか考えないでください

やたら中途半端な知識が
ある方が求める色が出なくなります

お客様が伝える事は
「この色がやりたいです」

これだけでOKです

もし初めての
お店の場合は黄色味が出やすい
みたいですと

伝えるくらいでいいと思います

あと嫌いな色は伝えましょう
これらをしっかり伝える事で
美容師さんにやりたい色が
しっかり伝わると思いますよ

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

[xo_event_calendarの休日= "休日、土曜日、日曜日"前= "1"次= "2"]

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

  • この記事を書いた人
アバター

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-カラー

© 2020 arak-hair.com