カラー

ヘアマニキュアはやってますか?

こんにちは
本庄市のHairResort Arak/ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

まずは今日のカワイイから

先日こんな
お電話を頂きました

「ヘアマニキュアはやってますか?」

残念ながら当店はヘアマニキュア
はやっておりません
でもH/C塩基性カラーはやっております

このH/C塩基性カラーは新しい染毛剤
という事で情報が少ないのが現状です

今回はH/C塩基性カラー特徴や
安全性を書いてみようと思います

H/C塩基性カラーとは?

H/C塩基性カラーとは
別名トリートメントカラーと言われています

プラスのイオンを持っているカラー剤で
分子の細かいH/C染料が髪の内部に
分子の大きい塩基性染料が髪の外部に
色をつけていきます


まぁちょっと難しい事を書いてしまいましたが
簡単にかきますと

ダメージしてる髪などに
ノーダメージでしっかりと
色をいれる事が出来るのが特徴です

アレルギー物質も入ってませんので
カラーアレルギーの心配もないのが
嬉しい所でしょう

ただ白髪や健康毛には付着しにくい
マイナス面も持ってます

理由はプラスイオンをもっている
H/C塩基性カラーは健康毛や白髪も
プラスイオンなので相性が悪いのです

でもH/C塩基性カラーに微弱のアルカリ
を混ぜる事で染まりはよくなり
しかもマニキュアとは違い

根元からきちんと染められる
メリットもあります

ヘアマニキュアとの違い

ヘアマニキュアは酸性カラーと言われていて
マイナスイオンによる結合をして
髪の表面に付着して色を染めます

健康毛や生えてきたばかりの
白髪などに良く染まり
カブレなどがない特徴があります

ただデメリットとして
根本付近の染めが難しい
ダメージしてる髪ほど染まりにくいので
パーマなどの施術と相性が悪い

トリートメントとの相性も悪いので
日頃のトリートメントで落ちやすい
などがあげられます

 

H/C塩基性カラーは
先程書いたようにダメージ毛などに
入りやく色持ちもいい

ただ健康毛などと相性が悪いので
上手く染まらない
白髪染めの時は工夫が必要という
マイナス面があります

H/C塩基性カラーでの白髪染め

何回も書いてしまってますが
健康毛や新しく生えてきました
白髪などには染まりが悪い
H/C塩基性カラー

なので当店では対策として
アルカリを合わせたりして
新生毛や健康毛などでも
きちんと染まる事をやっております

ヘアマニキュアを選ぶ方の
ほとんどがカラーでのカブレや
沁みるなどの不都合を悩んでいる方がほとんどです

本当は白髪を根元からきちんと染めたい
でも仕方ないと思っているのが現状です

H/C塩基性カラーなら根元からも染めれるし
対策によってはヘアマニキュアより
色持ちがよくなります

まとめ

当店がヘアマニキュアを使用しないのは
H/C塩基性カラーで
対応ができるからと思っているからです

色も豊富ですので
いろいろ選んで頂けると思います

ここには書きませんでしたが
明るくしながら
染める方法もありますので
興味のある方はぜひ
連絡だけでもいいので
ご連絡ください

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2020年 11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

  • この記事を書いた人
アバター

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-カラー

© 2020 arak-hair.com