カラー

インナーカラー×ディープブルー

こんにちは
本庄市の美容室【HairResort Arak】
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

青系の色はクールに決まって
色が入ると
目立ち度でますね

ただブルーという色は
染まりにくいんですよね
今日はそんなお話を

インナーカラーでブルーを入れる時はブリーチは必要?

まず結論から書きますと
インナーカラーで色をハッキリ出すために
ブリーチは必要になります

過去にブリーチなしで
やった事がありますが
色の差が少ししか出ないので
見え方によっては色ムラや
カラーの塗りムラに見えてしまいます

ブリーチは何回必要?

髪質はブリーチの抜け具合に
よっても変わりますが

1~3回くらいになります

あとは入れる色によって
違いもあります

こういう薄いグリーンなどは
1回のブリーチでは出ずらいです
なので2~3回必要な場合もあります

逆に紫やオレンジなどは
1回のブリーチで入ってしまう
場合も多いです

さらに紫は色が映えるので
色抜けしてきても
綺麗に見えるのが魅力です

逆に

グレーやブルーは
入りづらいので
2回以上のブリーチが必須になります

なんでブルーは染まりにくいの?

ではなんでブルーやグレーは
染まりにくいのでしょうか?

実は染まり方はどの色も
一緒なんですが
発色が難しいのがブルーやグレーなんです

発色が難しい理由は2つです
・ブルーやグレーは元々暗い色だから発色が悪い
・下地の色に左右されやすい

ブルーやグレーは元々暗い色だから発色が悪い

ブルーやグレーは
色が濃くなればなるほど

これを見てくださいね
ブルーを徐々に色を濃くしてます

向かって左が色が薄く
右に向かうほど濃くなってますが
右の方はすでに黒ですね

では同じくイエローで

濃くなるたびに暗くなります
そして黒になるんですが
早い段階から黒に見えないですよね

つまりブルーやグレーは
色を薄く入れないと黒くなってしまうのです

下地の色に左右されやすい

ブリーチをすると人の髪は
赤みを帯びた茶色から
だんだん金色に変わってきます

そして人によっては
2回ブリーチしても赤みが抜けない人
金髪の黄色が抜けない人が出てきますが

下地の髪の色が
赤い茶色なら薄い青を入れると
赤みが勝ってしまい
紫っぽくなってしまいます

逆に黄色味が強い金髪に入れると
黄色が勝ってしまい
緑になってしまいます

では濃く青を入れるとどうでしょうか?
先程の説明でも書きましたが
濃くしてしまうと今度は
黒くなってしまうんですね

それだけ青又はグレーは
調節が難しく、下地の色にも
作用されやすいんですね

今日のゲスト様

黄色味が強くでる毛質ですね

前回のインナーカラーは
もう抜けて金髪になっています

今日は全体をピンクベージュ10LVで染めて
インナーのリタッチ部分を
ブリーチしまして

最後に濃い青になります
ディープブルーを入れていきます

ではアフター

全体の色は綺麗に染まりましたよ

インナーカラーは濃いブルー
ディープブルーです

まとめ

ブルーやグレーが
なかなか発色が悪いと
いう事が伝わって頂けたでしょうか?

でも下地のブリーチがちゃんとできて
色選定ができれば
染まるのも事実ですよ

さらにインナーカラーは
まだまだ流行にあります
ぜひ体験してみてくださいね

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2021年 10月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

  • この記事を書いた人

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-カラー

© 2021 HairResort Arak