カラー

白髪をメッシュのようにしていきたい

こんにちは
本庄市の美容室【HairResort Arak】
ヘアーリゾートアラックの
オーナー兼、美容師の大志(タイシ)です

白髪が気になるから
白髪染めをしている

でも色が単純でオシャレに見えない
そんな悩みは多いのではないでしょうか?

そこで最近流行っているのが
ハイライト(メッシュ)を入れて
白髪とハイライトを馴染ませるやり方ですが
これってブリーチするから傷むんですよね

ではどうすればいいんでしょうか?

今日はそんなお話です

ハイライトを入れる白髪染めって

白髪に混ぜるようにハイライト
入れて染めていく事で
明るいカラーでも
オシャレ感を上げれる事ができます

ただデメリットとしては
ブリーチを使うのが絶対なので
髪が痛みます

時間やコストもかかるのも
もう一つのデメリットではないかと思います

そこでお客様から
こんな事を言われます

白髪がすでにメッシュみたいなんだから
白髪だけ薄く染めるとかできないの?
例えば白髪だけ薄いアッシュとかにする
そうすればブリーチいらないじゃん

これがきっかけで
一つのやり方が浮かびました

H/C塩基性カラーで白髪だけ染める

メリットは何といっても
ダメージがほぼない
そして白髪だけを染める事ができる

過去のアルカリカラー履歴がなくなるまで
髪が伸びきってしまえば
根元のプリン状態も脱却できます

デメリットは色落ちが少し早いのと
根元の髪が伸びきるまでは
色が落ちた時に
根元のプリンが続いてしまう事です
(根本プリンはメッシュでもなりますが・・)

そしてこれが重要
黒髪は染まらないので
黒髪は変化しないという事です

でも逆に言えば
白髪だけ染まるわけですから
白髪にいろいろな色を入れれば
ハイライトみたいになる
という感じですね

では見ていただきましょう

今日のゲスト様

前回半年前に
ご来店頂きました

緊急事態宣言中という事もあり
出られなかったとのことです

今日はカットをして
染めていきますが

今回はアルカリカラーではなく
H/C塩基性カラーで
染めていきます

この根本のプリンと
白髪を何とかしていきますよ

本来であれば明るめで
黒髪との差を出して
いきたい所ですが
毛先の元々明るい所を
何とかしたいので
トーンダウンさせていきますよ

染める色はグレー単品です

ではアフター

いかがでしょうかね?
まぁ黒に見えますよね

でも光の加減で

灰色っぽくも青っぽくも見えます

そして根本の白髪は

よく見ると黒髪と違う色に
染まっているのが見えると思います

今はまだ根元の色と毛先の色に
差がありすぎますので
暗くしましたが

もっと根元が伸びてきましたら
差が出る色で染めると
メッシュみたいになりますよ

まずはプリン脱却から
頑張っていきましょう

まとめ

今すぐに白髪をメッシュぽく
したい方は
ハイライトでブリーチを使うしか
なくなります

長い目で見て
白髪をオシャレっぽく染めて
脱白髪染め&ダメージをしたい場合は
今回のように時間がかかりますが
H/C塩基性カラーが1番いいですよ

今の白髪染めに
飽きてきましたら
ぜひ

最後まで読んで頂き
ありがとうございます

お問合せ

定休日カレンダーになります

2021年 10月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

定休日

土曜日

日曜日

2か月先までの定休日予定が載ってますので
参考にしてくださいね

注※講習会などの都合で
変更される場合もあります

  • この記事を書いた人

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-カラー

© 2021 HairResort Arak