カラー

リタッチカラーだって大事な時がある

タイシです
まずは今日のカワイイから

 

では今日はいきなりで申し訳ないですが
ビフォー撮り忘れのアフターからです

わかりますね
根元部分と毛先の色の違いが

確かに毛先まで染めないと1色にならないし
変なグラデーションになっちゃうこともあります

 

でもですね
毎回毛先まで染めているとダメージは深刻化してきます
今回の写真のお客様は縮毛矯正もやってますので
毛先は特にダメージに気をつかう状態です

 

では
ダメージ優先して写真のようなグラデーションでもいいのか?

確かに色の美しさでは
ちょっとなぁとなると思います

でも毛先のダメージでのパサパサ感はどうでしょうか?
綺麗に毛先までサラサラになってる思いませんか?

 

そうなんです
アルカリカラーだとダメージは必須です
だったら根元の染まってないところだけ染まればいいという選択肢も
髪にも、お財布にも優しいという意味では
リタッチという施術は成り立つんですね

逆にいつも毛先まで染めていて
気が付いた時にはダメージがどうにもならないという状態になって
からでは手遅れなんです。

常に短くカットしてしまうならそれでもいいと思います
しかし伸ばしていきたい伸ばしている最中でしたら
そういう方法もいかして行きましょう

 

ちなみにどうしても
毛先も染めたいという場合は
当店ではミネラルカラーというノーダメージのカラーもあります

ノーダメージですので今より明るくする事ができませんが
トーンダウンしたいとか明るさ変えないで色味だけ入れたい場合などは
有効な方法です。

まぁ最後は
綺麗を取ってダメージあきらめるのか
ノーダメージを取ってちょっとした色をあきらめるのか

どっちかになりますね

 
[btn class="rich_yellow"]ご予約やお問合せはこちらから[/btn]

  • この記事を書いた人
アバター

大志(タイシ)

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます

-カラー

Copyright© arak-hair.com , 2020 All Rights Reserved.