パッチテストって何?

タイシです

まずは今日のカワイイから

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

突然ですが、パッチテストってご存知ですか?
大体の人が知っているけど
やった事がないと言うのが殆どではないでしょうか

ちなみにパッチテストとは
かぶれやアレルギーの原因を探る検査です。
カラーの場合はカラー剤を腕の内側などに
貼り48時間後に反応をチェックします

このように腕の内側に貼り

 

後日、反応を見ていきます。
今回の写真のようにカラーの成分が不着しただけで
腫れ上がったり痒みが出たりしなければ
テストは問題ないという事になります

逆に

上の写真のような反応が出た場合はアルカリカラーが出来ません。
アラックでは、その様な場合は
ノンジアミンカラーやハナヘナなどの他の方法など提案させて頂きます

では先ほどの反応なかった方のビフォーから

結構色が抜けて赤味が出てる状態です

根元も気になりますね

 

では

いつものようにカラーをして放置
シャンプー前にアルカリ抜きしてヘマチンシャンプーから
の要らない物質を除去抹消

最後にトリートメント処置して
ぶわーーと乾かせば

アフター

綺麗に染まりました

根元だって

ね!ちゃんと染まりましたよ。
もちろん痒みや痛いなどの影響もありません

トラブル回避にはパッチテストは重要ですね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

埼玉本庄市のヘアーリゾート アラックのオーナー兼、美容師。 自然な縮毛矯正・こだわりのデジタルパーマで 他では手に入らない技術提供をモットーに 癖で悩む・ダメージで悲しい・パーマが綺麗にかからない そんな悩みを解決したいと活動してます