カラートラブルの事を本気で考える

タイシです
まずは今日のカワイイから

さていきなりですが
カラーリングをやっていて頭皮などが
しみる・痒くなった・気分が悪くなったなどの経験はございませんか?

実はカラー剤にはアレルギーの原因になる
パラフェニレンジアミンと呼ばれる物質が含まれております
他にも過酸化水素やアミノフェノールなどといった
あまり体に良くない物質も含まれております

タイシ自身もパラフェニレンジアミン(後記ジアミンとします)で
かゆみがでたりしてアレルギー反応がでてしまいます
なので

写真のようにブリーチで金髪にするとかノンジアミンカラー(当店ではミネラルカラー)
を使用して染めるしか方法がないです

 

じゃ私平気です。だって痒くなった事はおろか、しみた事ですらないですから

はい、その考えはかなり危険です
実はそれらの物質は体に蓄積されていくんです。
それらが蓄積されていくとどうなるのか?
タイシのようにアレルギー発症するのもありますし
健康な髪が生えづらくなったり、毛が切れやすくなったり、抜け毛が増えたり
つまり体が免疫反応を起こしたりしてアレルギー反応がでたり
対抗するために防衛反応がでたりするので毛穴をふさぎ変なチリチリした毛が生えたりするんです

じゃ染めない方がいいの?
それってこまるんですけど・・・
確かにカラーリングをしなければ、そういうトラブルは回避できますね
でも、それだとオシャレや身だしなみが出来なくなりますよね

タイシ
アラックではそういうトラブルを考えながらカラーをします

対策その1
普通にカラーリングをしますが、染めた後にキチンと後処理をする事です
カラーの後にシャンプーをしますが、それだけで終わらせてしまうのは対策になりません
乳化という作業でアルカリ抜き・炭酸泉を使用して薬剤除去やPH調整・ヘマチン使用で消臭や残留物質の除去や抹消

これだけでも普通にカラーだけした状態とかなりの差がでます

 

対策その2
普通のカラー剤に当店仕様のノンジアミンカラー(ミネラルカラー)を混ぜる事で
ジアミンや過酸化水素自体を薄めて使用するです。
もちろんカラー後のシャンプーの時は上記で書いた後処理もきちんとします

これでかなりのトラブルを回避できます

 

対策その3
天然100%ハナヘナやノンジアミンカラー(ミネラルカラー)だけを使用して染めるです
ハナヘナもミネラルカラーもジアミンなどの薬剤という物が一切入ってませんので
薬剤によるトラブルは皆無になります

補足
ただハナヘナは植物アレルギーがあると使えませんし色が選べないマイナス面もあります
ミネラルカラーも明るくできないマイナス面があります
ハナヘナやミネラルカラーの詳しい事は、またブログで書いていきます

ではタイシはどうやって染めているかとなりますが
まずタイシはアルカリカラー全般が染めれません。理由はジアミンアレルギーがあるからです
次にハナヘナですが、残念ながら植物アレルギーもあるのでハナヘナもできないです

なのでブリーチで髪を明るくして
その上からミネラルカラーで色を入れて染めております
このやり方なら明るくもできますし、ミネラルカラーで色も入れる事が可能となります
一時(1か月前)はミネラルカラーのグレーをいれて
こんな色もしてましたので!(^^)!

さて今回は文章が長くなっちゃいました
薬剤の怖さ、その対策、安全策などが伝わっていただけたでしょうか?

気になる方は、ご連絡くださいね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です